コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

基線測量 きせんそくりょうbase-line surveying

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

基線測量
きせんそくりょう
base-line surveying

三角測量で基準となる最初の1辺の長さを精密にはかる距離測量で,その1辺を「基線」という。できるだけ水平に近い2点を選び,計測する。不変鋼製のワイヤまたはテープの巻尺 (基線尺。 25m) を用いてはかることもあるが,現在では光波測距儀電波測距儀,特にレーザー測距儀というヘリウムネオンレーザーを光源とする精度の高い測距儀を用いている。日本には全国で 14ヵ所に基線が設けてあって,1辺の長さは3~10kmにとってあり,観測誤差は 0.1~1.8mmであった。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

きせん‐そくりょう〔‐ソクリヤウ〕【基線測量】

三角測量のもとになる基線の長さと方位角を正確に測定すること。繰り返しの測定で変化がわかるので、地殻変動の調査にも利用される。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

きせんそくりょう【基線測量】

三角測量で基礎になる基線の長さを測量すること。他の辺は内角により求めて三角形を形成する。これをもとにさらに別の三角形を組み立て、連鎖・結合して拡大していく。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の基線測量の言及

【基線】より

…この三角網の大きさを決定するには,どこかに長さのわかった辺が一つ以上必要である。この長さのわかった辺を基線と呼び,この長さを測量することを基線測量と呼ぶ。日本の一等三角測量では数kmの基線を,25mのアンバー系合金製の基線尺と呼ぶ巻尺で測定していた。…

【測量】より

…精密用巻尺としては線膨張係数の小さいインバール製巻尺がある。これは大規模な三角測量網に長さの単位を与えるための基線測量などに用いられる。 光学的に距離を求めるものとしてタキオメトリーtacheometryの方法がある。…

※「基線測量」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

基線測量の関連キーワード三角形内角測地

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android