堀切善次郎(読み)ほりきりぜんじろう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

堀切善次郎
ほりきりぜんじろう

[生]1884.9.2. 福島
[没]1979.11.1. 東京
内務官僚。 1909年東京大学法科卒業。内務省に入り,翌年警視庁監察官。 26年帝都復興局長官,29年東京市長などをつとめた。また,32年斎藤内閣の法制局長官,翌年同内閣書記官長になった。第2次世界大戦後の 58年岸信介のもとで東京都公安委員長についた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

堀切善次郎 ほりきり-ぜんじろう

1884-1979 大正-昭和時代の官僚,政治家。
明治17年9月2日生まれ。堀切善兵衛の弟。内務省土木局長,神奈川県知事をへて関東大震災後の復興局長官。昭和4年退官,東京市長。以後,斎藤内閣の法制局長官,内閣書記官長,幣原(しではら)内閣の内相などをつとめる。貴族院議員。戦後は東京都公安委員長。昭和54年11月1日死去。95歳。福島県出身。東京帝大卒。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

アイントホーフェン

オランダの生理学者。旧オランダ領ジャワ島のスマランに、陸軍軍医の子として生まれた。陸軍の給費学生としてユトレヒト大学に学び、医師となった。1886年ライデン大学の生理学教授に任ぜられ、兵役を免除された...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

堀切善次郎の関連情報