コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

堀江帰一 ほりえきいち

3件 の用語解説(堀江帰一の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

堀江帰一
ほりえきいち

[生]1876.4.27. 東京
[没]1927.12.9. 京都
経済学者。 1896年慶應義塾大学卒業後,『時事新報』の記者を経て,99年母校の教員となり,同年から3年間欧米に留学。帰国後,同塾理財科主任として貨幣論,財政論,銀行論などを講義。 1910年法学博士。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

堀江帰一 ほりえ-きいち

1876-1927 明治-昭和時代前期の経済学者。
明治9年4月27日生まれ。「時事新報」の記者をへて明治32年母校慶応義塾の教員となり,欧米に留学。帰国後同塾理財科の教授に就任,金融論や財政学をおしえるかたわら「時事新報」の社説を担当。晩年は国家資本主義をとなえた。昭和2年12月9日死去。52歳。東京出身。旧姓は滝山。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

堀江帰一

没年:昭和2.12.9(1927)
生年:明治9.4.27(1876)
欧米の貨幣・銀行論の紹介者で,わが国における金融論研究の創始者。徳島藩士滝山正門の長男,のちに堀江家の養子となる。慶応義塾理財科を卒業後,時事新報社に入社,福沢諭吉の影響を強く受ける。明治32(1899)年慶応義塾より派遣され,35年の帰国まで主としてハーバード大学ロンドン大学において金融論研究に従事した。帰国後,慶応義塾理財科の経済学教授となり,金融論について多数の著作を執筆した。晩年は,その関心を社会問題にまで広げた。

(玉置紀夫)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

堀江帰一の関連キーワード貨幣同盟貨幣法商品貨幣信用貨幣円価並行論名目貨幣我が国県民銀行論《世界の貨幣問題》

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone