コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

報告徴求命令 ホウコクチョウキュウメイレイ

2件 の用語解説(報告徴求命令の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ほうこくちょうきゅう‐めいれい〔ホウコクチヨウキウ‐〕【報告徴求命令】

金融庁が、金融機関金融商品取引業者に対して、業務や財務の状況に関する報告や資料の提出を命じ、検査をすること。不正な取引の疑いや債務超過による支払い不能の恐れなど、公益や投資者保護のために必要と認められる場合に行われる

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

報告徴求命令

経営を揺るがす問題などを抱えている銀行に対し、事実関係などについて報告するよう求める。不正な取引をしている疑いがあったり、不良債権の増加などで経営が傾くおそれがあったりした場合に、関連資料などを提出させる。業務改善命令などの行政処分を科すかどうかの判断材料にする。資料を提出しなかったり、うその報告をしたりしたときは、法人なら2億円以下の罰金を科すことができる。

(2013-10-10 朝日新聞 朝刊 3総合)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

報告徴求命令の関連キーワードガスプロム頭を抱えるオイルガス地軸腹を抱える揺るがす御中を抱える親銀行草木も揺るがず《世界を揺るがした十日間》

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

報告徴求命令の関連情報