コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

堺屋太一 さかいや たいち

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

堺屋太一 さかいや-たいち

1935- 昭和後期-平成時代の小説家,経済評論家。
昭和10年7月13日生まれ。通産省にはいり,大阪万博や沖縄海洋博などの企画に参加。「油断!」「団塊の世代」など,経済社会の潮流を洞察した著作が話題をよぶ。昭和53年退官,執筆に専念する。平成10年小渕内閣,12年第1次・第2次森内閣の経済企画庁長官。24年旭日大綬章。妻は画家の池口史子。大阪出身。東大卒。本名は池口小太郎。作品はほかに小説「峠の群像」,評論「知価革命」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

堺屋太一の関連キーワード景気ウオッチャー調査小渕恵三内閣団塊の世代三木谷浩史沖縄海洋博小渕内閣大阪万博道州制小説家通産省著作群像潮流団塊秀吉

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

堺屋太一の関連情報