塩化アンチモン(読み)えんかアンチモン(英語表記)antimony chloride

世界大百科事典 第2版の解説

えんかアンチモン【塩化アンチモン antimony chloride】

塩化アンチモン(III),塩化アンチモン(V),九塩化アンチモンの3種が知られている。
[塩化アンチモン(III)]
 三塩化アンチモンともいう。化学式SbCl3。無色柱状または八面体の結晶。アンチモンに直接塩素を反応させるか,輝安鉱Sb2S3を塩酸に溶かして濃縮し,蒸留しても得られる。融点73.4℃,沸点223℃,比重3.14(20℃)。潮解性が強く,放置すると粘い半液状となることが多く,アンチモンバターの名で古くから知られている。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

塩化アンチモン
えんかあんちもん
antimony chloride

アンチモンと塩素の化合物。三塩化アンチモン(塩化アンチモン())、五塩化アンチモン(塩化アンチモン())SbCl5などが知られている。
 三塩化アンチモンは、アンチモンに直接塩素を作用させるか、アンチモンを塩化水銀()と熱してつくる。無色の結晶、吸湿性で、放置すると粘稠(ねんちゅう)な液体状のものとなるので、古くからアンチモンバターとよばれていた。三塩化アンチモンは水によって加水分解して、酸化塩化アンチモン()(俗称塩化アンチモニル)SbOClを沈殿するが、塩酸を加えると溶ける。有機溶媒に溶け、クロロホルム溶液はビタミンAの検出試薬(青色を呈する)である。
 五塩化アンチモンは、三塩化アンチモンに塩素をさらに作用させて得られる。無色または淡黄色の液体。空気中では湿気で発煙する。少量の水により一水和物、四水和物を生成するが、多量の水により加水分解する。濃塩酸に溶ける。アセチレンと反応すると四塩化エタンを生じるなど、炭素化合物の塩素化、フッ素化の触媒として用いられる。[守永健一・中原勝儼]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

化学辞典 第2版の解説

塩化アンチモン
エンカアンチモン
antimony chloride

】塩化アンチモン(Ⅲ):SbCl3(228.11).三塩化アンチモンともいう.粒状の金属アンチモンに塩素を通じると得られる.融点73.4 ℃,沸点224 ℃.密度3.14 g cm-3.バター状の塊でアンチモンバターともよばれる.分子性化合物で有機溶媒によく溶けるが,水中ではすぐに加水分解し,難溶性の塩化酸化アンチモンSbOCl(塩化アンチモニル)となる.塩酸にはクロロアンチモン(Ⅲ)酸Hn[SbCl3+n](n = 1,2,3)を生じて溶ける.媒染剤,有機合成の塩素化剤,ビタミンの分析試薬,触媒,半導体原料,繊維の防炎加工に用いられる.[CAS 10025-91-9]【】塩化アンチモン(Ⅴ):SbCl5(299.01).五塩化アンチモンともいう.三塩化アンチモンに塩素を通じて反応させた後,減圧蒸留すると無色の液体として得られる.融点2.8 ℃,沸点140 ℃.密度2.35 g cm-3.濃塩酸に溶けてヘキサクロロアンチモン(Ⅴ)酸H[SbCl6]となる.ルイス酸の性質がいちじるしく,塩素を放ちやすいので,有機合成の塩素化剤として用いられる.そのほか,アルカロイドやセシウムの分析試薬としても用いられる.[CAS 7467-18-9]

出典 森北出版「化学辞典(第2版)」化学辞典 第2版について 情報

今日のキーワード

正義マン

倫理上問題がある行為などに対して過剰に反応し、正義感を振りかざして騒ぐ人を指すインターネットスラング。2019年10月の消費税増税と軽減税率制度の実施に伴って「イートイン脱税」が発生した際、これを店員...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android