コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

塩化アンチモン えんかアンチモン antimony chloride

2件 の用語解説(塩化アンチモンの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

えんかアンチモン【塩化アンチモン antimony chloride】

塩化アンチモン(III),塩化アンチモン(V),九塩化アンチモンの3種が知られている。
[塩化アンチモン(III)]
 三塩化アンチモンともいう。化学式SbCl3。無色柱状または八面体の結晶。アンチモンに直接塩素を反応させるか,輝安鉱Sb2S3を塩酸に溶かして濃縮し,蒸留しても得られる。融点73.4℃,沸点223℃,比重3.14(20℃)。潮解性が強く,放置すると粘い半液状となることが多く,アンチモンバターの名で古くから知られている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

塩化アンチモン
えんかあんちもん
antimony chloride

アンチモンと塩素の化合物。三塩化アンチモン(塩化アンチモン())、五塩化アンチモン(塩化アンチモン())SbCl5などが知られている。
 三塩化アンチモンは、アンチモンに直接塩素を作用させるか、アンチモンを塩化水銀()と熱してつくる。無色の結晶、吸湿性で、放置すると粘稠(ねんちゅう)な液体状のものとなるので、古くからアンチモンバターとよばれていた。三塩化アンチモンは水によって加水分解して、酸化塩化アンチモン()(俗称塩化アンチモニル)SbOClを沈殿するが、塩酸を加えると溶ける。有機溶媒に溶け、クロロホルム溶液はビタミンAの検出試薬(青色を呈する)である。
 五塩化アンチモンは、三塩化アンチモンに塩素をさらに作用させて得られる。無色または淡黄色の液体。空気中では湿気で発煙する。少量の水により一水和物、四水和物を生成するが、多量の水により加水分解する。濃塩酸に溶ける。アセチレンと反応すると四塩化エタンを生じるなど、炭素化合物の塩素化、フッ素化の触媒として用いられる。[守永健一・中原勝儼]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

塩化アンチモンの関連キーワードアンチモン塩安塩化アンモニウムアンチモニー硬鉛吐酒石金硫黄アンチモン中毒カール-プライス反応アンチモニー華

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone