コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

塩化硫黄 えんかいおうsulfur chloride

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

塩化硫黄
えんかいおう
sulfur chloride

普通は二塩化二硫黄 S2Cl2 をさす。融解硫黄に塩素を通じ,分留して精製する。不燃性,薄い琥珀色ないし黄赤色の発煙性油状液体。蒸気には腐食性がある。眼,鼻,のどを強く刺激し,催涙性があり,吸入により呼吸困難となる。比重 1.68,融点-80℃,沸点 138℃。アルコール,エーテル,ベンゼン,四塩化炭素などに可溶。硫黄,ヨウ素,金属塩化物,有機化合物に対するすぐれた溶媒である。水により分解し,硫黄,二酸化硫黄,塩化水素を生じる。密栓し,湿気を避けて保存する必要がある。油脂の改質,ゴムの加硫,硫黄の溶剤,殺虫剤などに使われる。ほかに二塩化硫黄 SCl2 ,四塩化硫黄 SCl4ジクロロスルファンがある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

えんか‐いおう〔エンクワいわう〕【塩化硫黄】

硫黄塩素化合物。二塩化二硫黄(S2Cl2)・二塩化硫黄(SCl2)・四塩化硫黄(SCl4)などがある。二塩化二硫黄はゴムの冷加硫用や殺虫剤に使用。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

えんかいおう【塩化硫黄 sulfur chloride】

硫黄の塩化物の総称。3種類が知られている。
[二塩化二硫黄disulfur dichloride]
 化学式S2Cl2。一塩化硫黄SClとも呼ばれる。融解した硫黄をフラスコなどの壁面に薄く広げて室温で冷却し,塩素を導いて,50~80℃で直接に反応させ,生成物を1気圧137℃以上で蒸留して得る。刺激臭のある黄色の液体。不純物として二塩化硫黄SCl2が混入しているものは橙色あるいは赤色である。湿った空気中で発煙する。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

塩化硫黄
えんかいおう
sulfur chloride

硫黄と塩素の化合物。主たる化合物として二塩化二硫黄S2Cl2、二塩化硫黄SCl2、四塩化硫黄SCl4の3種の塩化物が知られている。
 二塩化二硫黄は、融解した硫黄に塩素ガスを通してつくる。橙(だいだい)色の刺激臭のある発煙性液体で、沸点138℃。Cl-S-S-Cl分子からなるが、蒸気になると一部解離して赤色となる。水によってゆっくり加水分解して、塩酸、硫黄、二酸化硫黄、チオン酸などを生じる。
 二塩化硫黄は暗赤色の液体で、硫化水素と塩素との反応で得られるが、工業的には、二塩化二硫黄に室温で塩素を飽和させ、二酸化炭素で過剰の塩素を追い出して得られる。
 四塩化硫黄は、硫黄と塩素の直接結合で得られる黄色液体で、低温でだけ安定に存在する。
 塩化硫黄は、硫黄の溶媒としてゴムの加硫に用いられるほか、塩素置換剤として有用な塩化チオニル、殺虫剤の製造など合成に用いられる。
 その他SCl2と低温でH2Snn=2、3、4)を反応させてSnCl2n=3~8、黄色ないし橙(だいだい)色液体)が得られ、その他S2Cl2と水素を熱時反応させてS20~24Cl2(橙黄(とうおう)色粘性のある液体)、S100Cl2(淡黄色固体)などが得られる。[守永健一・中原勝儼]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

塩化硫黄の関連キーワード塩化硫黄(データノート)マスタードガス塩化チオニルフッ化硫黄イペリット四塩化硫黄二塩化硫黄ファクチス硫化窒素フラスコ消しゴム生成物不純物刺激臭

今日のキーワード

だまされたふり作戦

「振り込め詐欺」に代表される特殊詐欺事件の警察による捜査手法の一つで、振り込め詐欺と思われる不審な電話があった時、被害者が協力してだまされたふりをし、容疑者の電話番号、振込先、訪問時間などを聞き出し、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android