コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

塩商 えんしょうyan-shang; yen-shang

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

塩商
えんしょう
yan-shang; yen-shang

中国における塩の販売業。塩は利益の大きい商品で,周,漢の時代から,塩商のなかには膠鬲 (こうれき) ,東郭咸陽,猗頓 (いとん) らのように巨富を得た者,政界に進出した者が少くない。宋代,塩法の確立とともに,国家に寄生して豪商となる者が多く,明・清時代はさらに著しく,清の中頃には 1000万両をもつ塩商があったという。塩商は,生産地で塩を買付ける場商,運搬する運商などに分化する一方,これらを一身に兼ねる者もあり,鉱山業,貿易業,典当業 (質屋) に投資する者もあった。なお,塩商のなかには学者,文人墨客を世話する者もあり,趙翼など塩商出身の大学者もあった。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

えん‐しょう〔‐シヤウ〕【塩商】

中国で、専売制となっていた塩を販売していた商人。独占的地位を占めて経済界を支配した。→塩法

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

えんしょう【塩商】

中国で、塩法えんぽうに庇護ひごされ、塩の独占的販売に従事した商人。莫大な富を擁して経済界に君臨した。 → 塩法

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の塩商の言及

【塩法】より

…開中法で塩引の量が増加しすぎ,その対策として特定の商人に塩引の割当制限を行ったことから,逆に塩販売の権利が窩本(わほん)と呼ばれる一種の株(塩引独占権)に変わっていった。明中期から清初への銀経済と好況の波にのり,揚州の塩商の活動はめざましく,文学,芸術のパトロンともなり,また塩商の中から学者,政治家を輩出することになる。 しかし,19世紀に入ると,中国経済の崩壊とともにこうした塩法も行き詰まり,1830年(道光10)両江総督の陶澍によって改革が試みられた。…

【山西商人】より

…彼らの活動は古い時代からはじまっていたと考えられるが,彼らが勃興したのは明代,とくに北辺の兵站を確保するために実施された開中法(塩法)と密接な関係があり,地の利をえて巨富を蓄積した。ついで明代中期に,開中法が運司納銀制へ切りかえられると,その有力者は両淮・両浙地方に移動し,有名な揚州塩商の主力となり,新安商人とともに,商業界を二分する大勢力となった。山西商人の主たる業務は塩商をはじめとして,穀物商,綿布商,絹織物商などにおよび,ほとんど全中国を活動範囲としたほか,一部は海外にまで進出した。…

【商人】より

…塩を例にとって説明すると,当初,製造から販売まで一貫して政府が行う方法(官鬻(かんいく)法)が採用された時期には関与できなかったが,販売を商人にゆだねる方法(通商法)が施行されると,商人は積極的にこれに参加した。主として宋代以後であるが,明代,とくに後半期から清代にかけては販売の独占権を与えられ,巨大な利益を入手する塩商があらわれた。有名な揚州塩商であるが,彼らは国家財政の一翼を担う存在であると同時に,財力を背景として文化の保護者ともなった。…

【新安商人】より

…新安は徽州の古名である。彼らの活動は古くから知られているが,明代中期からいっそう活発となり,開中法(塩法)の運司納銀制への転換を契機に,塩商としての地位を強化し,揚州塩商の中核となった。彼らの業務は,塩商のほか,穀物商,絹織物商,綿布商,茶商から,海外貿易,金融,手工業経営にまでおよび,数種の営業を兼ねる者もあったが,主たる活動は流通部門にあった。…

※「塩商」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

塩商の関連キーワード瀬戸のおいしい海の塩塩(しお)揚州画舫録揚州八怪邨田柳厓山西商人三瀬周三弓削島荘黄巣の乱四大家族新安商人満漢全席屯田制典当舗ギルド蒋介石渚の塩塩売其方厲鶚

今日のキーワード

地蔵盆

主に京都などで、8月23日・24日(古くは陰暦7月24日)に行われる行事。石地蔵にお飾りをしてまつり、さまざまの余興を行う。地蔵祭り。地蔵会(じぞうえ)。《季 秋》...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

塩商の関連情報