コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

塵塚物語 ちりづかものがたり

世界大百科事典 第2版の解説

ちりづかものがたり【塵塚物語】

室町時代の説話集。奥書には1552年(天文21)成立,藤原某の作とあり,また69年(永禄12)の序文があるのでこのころの成立と考えられる。上代以降,おもに鎌倉・室町時代の重要人物の人格・逸話や,徳政などの歴史的な事柄に関する話65編を収録する。記載内容は厳密性を欠き,近世的な感覚による叙述もみられ,その信憑性は低いが,中世の風俗や慣習を多く伝える。《改定史籍集覧》所収。【鳥居 和之】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

塵塚物語
ちりづかものがたり

戦国末期の説話集。六巻。作者は明らかではないが、序の藤原某および巻一の冒頭の「前飛鳥井(あすかい)老翁一日語られていはく」とあるので、藤原氏のある公家(くげ)の手になるものと考えてよい。巻末に「天文(てんぶん)廿一年(1552)十一月」の跋(ばつ)があり、これに永禄(えいろく)12年(1569)の序をつけて上梓(じょうし)したことになっている。内容は『宇治拾遺(うじしゅうい)物語』に似た体裁をとり、主として鎌倉から室町時代に及ぶ故事・見聞・逸話など65編が集録されている。序文によれば、藤原某が勤仕(ごんじ)の暇に、「往昔誉れ高き名君名師の金言妙句」や、下賤(げせん)の者たちのことばでも「世の人の助けとならん事」を集めたとあるが、とくに室町末期の公家・武家の風俗や、動向・信仰に関するものが多く、史料的にも価値がある。[小澤富夫]
『『塵塚物語』(史籍集覧刊行会編『新訂増補史籍集覧 雑部』所収・1967・臨川書店/日本随筆編集部編『日本随筆全集 17』所収・1930・国民図書)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

塵塚物語の関連キーワード山名持豊

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android