コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

増担保 ましたんぽ

2件 の用語解説(増担保の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ましたんぽ【増担保】

担保権成立後さらに新たな担保目的物を追加的に担保権者に提供すること。追加担保ともいう。銀行取引などにおいては,抵当目的物の滅失・毀損などにより被担保債権(貸付債権)の経済的価値の確保に不安が生じた場合にも,特約により増担保を確保して取引関係を継続することが多い。例えば,現行の銀行取引約定書ひな型第4条(1)は〈債権保全を必要とする相当の事由が生じたときは,請求によって,ただちに貴行の承認する担保もしくは増担保を差入れ,または保証人をたてもしくはこれを追加します〉と定めている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

増担保
ましたんぽ

担保が提供されたあとに、担保物が滅失したり、損傷したり、また値下がりしたりして、担保が不十分になった場合に、担保の目的物を増加すること。この請求(増担保の請求)を債権者は当然にできるわけでなく、特約がある場合にできるにとどまる。担保設定契約にこのような特約が設けられることは、かなり広く行われている。明示の特約がない場合にも、たとえば黙示の特約があるというようにして、増担保の請求を認めようとする考え方が強い。というのは、債務者が担保物を滅失ないし損傷させ、または減少したりした場合には、債務者が期限の利益を喪失する(民法137条)結果として、担保権者はただちに担保権を実行できることになるが、担保権を実行して信用関係を破壊してしまうよりも、金銭消費貸借関係を存続させるほうが当事者に有利である場合もあるからである。[高橋康之・野澤正充]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

増担保の関連キーワード挿入譲渡担保担保物権物的担保企業担保権日日に新たなり共同担保目録担保価値担保権担保権者

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

増担保の関連情報