コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

源氏鶏太 げんじけいた

5件 の用語解説(源氏鶏太の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

源氏鶏太
げんじけいた

[生]1912.4.19. 富山
[没]1985.9.12. 東京
小説家。本名,田中富雄。富山商業を卒業,大阪の住友合資会社に入社。勤続 25年余のサラリーマン体験を生かし,ユーモアペーソスに富むサラリーマン小説を書き,『英語屋さん』 (1951) などで直木賞を受けた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

げんじ‐けいた【源氏鶏太】

[1912~1985]小説家。富山の生まれ。本名、田中富雄。サラリーマン体験を生かしたユーモアにあふれる作品で人気を集める。「英語屋さん」およびその他の作品で直木賞受賞。他に「三等重役」「定年退職」「口紅と鏡」など。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

源氏鶏太 げんじ-けいた

1912-1985 昭和時代後期の小説家。
明治45年4月19日生まれ。昭和5年住友合資に入社,勤めのかたわら小説をかき,26年「英語屋さん」などで直木賞。サラリーマンの哀歓をえがいた「三等重役」で流行作家となった。46年「口紅と鏡」「幽霊になった男」で吉川英治文学賞。昭和60年9月12日死去。73歳。富山県出身。富山商業卒。本名は田中富雄。
【格言など】人間は勇気を失ってはおしまいなのである。甘ったれてはならぬのである(「サラリーマンのための十二章」)

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

げんじけいた【源氏鶏太】

1912~1985) 小説家。富山県生まれ。本名、田中富雄。サラリーマン体験に取材した、ユーモアのある作品で知られる。代表作「英語屋さん」「三等重役」

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

源氏鶏太
げんじけいた
(1912―1985)

小説家。富山市生まれ。本名田中富雄。17歳から詩作に専念、『新日本詩人』同人となり、詩を発表。富山商業卒業後、大阪の住友合資会社に入社、サラリーマン生活を送るかたわら懸賞小説に応募する。1947年(昭和22)『たばこ娘』が『オール読物』に採用されてデビューし、51年『英語屋さん』(1951)、『颱風(たいふう)さん』(1951)ほかで直木賞を受賞。『三等重役』(1951~52)、『停年退職』(1962)など作者の26年間にわたるサラリーマン体験を基底としたユーモアとペーソスに富む作品に特色が出ている。その後、サラリーマンの怨念(おんねん)や復讐(ふくしゅう)を描いて新境地を開き、『幽霊になった男』『口紅と鏡』(ともに1970)により吉川英治文学賞を受賞した。[磯貝勝太郎]
『『源氏鶏太全集』全43巻(1965~67・講談社) ▽『源氏鶏太自選作品集』全20巻(1973~74・講談社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の源氏鶏太の言及

【三等重役】より

…源氏鶏太(1912‐85)の現代小説。1951年から52年にかけて《サンデー毎日》に連載。…

※「源氏鶏太」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

源氏鶏太の関連キーワード度量衡任意出頭被疑者光の科学史バーブ明治天皇大正バルカン戦争新興市場燃料棒

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

源氏鶏太の関連情報