コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

増田渉 ますだ わたる

2件 の用語解説(増田渉の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

増田渉 ますだ-わたる

1903-1977 昭和時代の中国文学者。
明治36年10月12日生まれ。東京帝大在学中は佐藤春夫に師事。昭和6年中国にわたり,魯迅(ろじん)に教えをうける。9年竹内好(よしみ)らの中国文学研究会の結成に参加。10年春夫との共訳「魯迅選集」を刊行。戦後は島根大,大阪市立大,関西大の教授をつとめた。昭和52年3月10日死去。73歳。島根県出身。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

増田渉
ますだわたる
(1903―1977)

中国文学者。島根県生まれ。東京帝国大学支那(しな)文学科に在学中、佐藤春夫の知遇を得、卒業後の1931年に上海(シャンハイ)へ渡航、晩年の魯迅(ろじん)から小説集や『中国小説史略』の講解を受けた。帰国後、「魯迅伝」、春夫との共訳『魯迅選集』(1935)、『中国小説史略』の邦訳(1935)を公刊、以後中国の近・現代文学の研究紹介に従事し、中国文学研究会の長老としても重きをなした。小説史研究や日中文化交渉史にも終生関心を抱き続けた。第二次世界大戦後は大阪市立大学、関西大学などの講壇に立ち、著作に『魯迅の印象』(1948)、『中国文学史研究』(1967。岩波書店)、『西学東漸と中国事情』(1979。岩波書店)などがある。[伊藤漱平]
『『魯迅の印象』(1970・角川書店)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

増田渉の関連キーワード麻生磯次今村与志雄岡崎俊夫奥野信太郎蒲池歓一小島憲之千田九一橋川時雄松崎鶴雄興膳宏

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone