コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

増田渉 ますだ わたる

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

増田渉 ますだ-わたる

1903-1977 昭和時代の中国文学者。
明治36年10月12日生まれ。東京帝大在学中は佐藤春夫師事。昭和6年中国にわたり,魯迅(ろじん)に教えをうける。9年竹内好(よしみ)らの中国文学研究会の結成に参加。10年春夫との共訳「魯迅選集」を刊行。戦後は島根大,大阪市立大,関西大の教授をつとめた。昭和52年3月10日死去。73歳。島根県出身。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

増田渉
ますだわたる
(1903―1977)

中国文学者。島根県生まれ。東京帝国大学支那(しな)文学科に在学中、佐藤春夫の知遇を得、卒業後の1931年に上海(シャンハイ)へ渡航、晩年の魯迅(ろじん)から小説集や『中国小説史略』の講解を受けた。帰国後、「魯迅伝」、春夫との共訳『魯迅選集』(1935)、『中国小説史略』の邦訳(1935)を公刊、以後中国の近・現代文学の研究紹介に従事し、中国文学研究会の長老としても重きをなした。小説史研究や日中文化交渉史にも終生関心を抱き続けた。第二次世界大戦後は大阪市立大学、関西大学などの講壇に立ち、著作に『魯迅の印象』(1948)、『中国文学史研究』(1967。岩波書店)、『西学東漸と中国事情』(1979。岩波書店)などがある。[伊藤漱平]
『『魯迅の印象』(1970・角川書店)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

増田渉の関連キーワード聊斎志異岩波書店穆天子伝昭和時代拾遺記瞿秋白

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android