コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

壊色 エシキ

3件 の用語解説(壊色の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

え‐しき〔ヱ‐〕【壊色】

《〈梵〉kaṣāyaの訳。袈裟(けさ)と音写。「えじき」とも》僧の衣。青・黄・赤・白・黒の五正色を避け、汚く濁った色を用いたのでいう。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

えしき【壊色】

〘仏〙 〔「えじき」とも〕 袈裟けさのこと。通常、青壊色・黒壊色・木蘭もくらん壊色の三種類がある。不正色ふしようしき。 〔原義は濁った色の意。青・黄・赤・白・黒の五正色およびそれぞれの中間色のようなはっきりした色を、袈裟に使うことを禁じたことから〕

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

壊色
えじき

仏教の修行僧の衣の色。サンスクリット語カシャーヤkaya(袈裟(けさ))の漢訳で、原色を破壊した色を意味する。インドでは修行者の衣の色は、衣服に対する執着を捨てさせるために、華美な色(青、黄、赤、白、黒の5標準色と緋(ひ)、紫、緑、紅、硫黄(いおう)などの5中間色)は避け、原色を染壊した色を用いた。普通は柿渋(かきしぶ)色で、木、樹皮、果汁などで染められる。中国、日本では通常は木蘭色(もくらんじき)(黄、紅、赤の雑色)の袈裟が用いられる。[阿部慈園]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の壊色の言及

【袈裟】より

…もともとは色名で,壊色(えしき),濁色(じよくしよく)などと訳される。インドの仏教僧団で,不用になったり,捨てられた長短の布片を縫い合わせて,僧尼の着用すべきものとして制定された3種類の衣(三衣(さんえ))を袈裟と称した(図)。…

※「壊色」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

壊色の関連キーワード鬱多羅僧慈氏僧祇支開士袈裟襷袈裟袋平袈裟滅度論蔵袈裟切り

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone