コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

壬生城 みぶじょう

日本の城がわかる事典の解説

みぶじょう【壬生城】

栃木県下都賀郡壬生町にあった平城(ひらじろ)。室町・戦国時代の壬生(みぶ)氏の居城であり、江戸時代には壬生藩の藩庁が置かれた城である。1462年(寛正3)に壬生胤業によって築かれ、以後、壬生氏が4代にわたって居城とした。1576年(天正4)、城主の壬生綱雄が叔父周長により暗殺された。綱雄の子義雄は即座に周長を討ち取ったが、義雄はこれを機に、居城を沼城へと移し、壬生城へは城代を配した。義雄は1590年(天正18)の豊臣秀吉による小田原北条氏攻め(小田原の役)の際、北条方につき、北条氏の本城の小田原城に籠城、北条氏とともに討ち死にし、壬生氏は滅亡した。その後、壬生城には結城氏・日野根氏・阿部氏・三浦氏、松平氏、加藤氏に続き、鳥居忠英が1712年(正徳2)に近江水口(滋賀県)から3万石で入城し、以後鳥居氏が8代続いて明治に至った。廃藩後、城の建物は取り壊され、堀や土塁の多くも破壊された。壬生城は本丸、二の丸、三の丸、東曲輪(くるわ)、下台曲輪、正念寺曲輪の6つの郭で構成され、各郭は土塁と堀によって囲まれていた。天守や櫓(やぐら)は建てられず、比較的簡素な城郭だったが、本丸御殿は江戸時代初期には将軍の日光社参の宿舎として用いられた。現在、本丸と二の丸の一部が城址公園となっている。ここに本丸南側の土塁と空堀が残っており、二の丸虎口跡に復元門が建てられている。また、移築された城門が鹿沼市と小山市内の民家に残っている。東武鉄道宇都宮線壬生駅から徒歩約15分。

出典|講談社日本の城がわかる事典について | 情報

壬生城の関連キーワード日根野吉明壬生一里塚三浦正次壬生藩鳥居氏壬生氏

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android