コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

売木[村] うるぎ

世界大百科事典 第2版の解説

うるぎ【売木[村]】

長野県南端,下伊那郡の村。人口756(1995)。天竜川支流の売木川上流域に位置する山村で,南は愛知県に接する。北部を国道418号線が横断する。1948年豊村が売木・和合の2村に分離した。ほぼ全域が山林・原野で占められ,耕地は河川沿いにわずかに点在する。江戸時代は榑木(くれき)を年貢として納めるなど,早くから山林開発が行われていた。また運搬や農耕のために馬の飼育も盛んであった。現在も農林業を主体に村の産業が営まれ,米作をはじめ高冷地野菜の栽培,肉用牛の飼育,シイタケの生産などが行われているが,近年人口は減少を続けている。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

売木[村]の関連キーワードアイストゥルフ玄宗正倉院アブド・アッラフマーン[1世]後ウマイヤ朝後ウマイヤ朝アブドゥル・ラフマーン(1世)イスラム帝国宦官後ウマイヤ朝

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android