壹与(読み)いよ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

壹与
いよ

3世紀頃,邪馬台国の女王。「臺与 (とよ) 」ともみえる。『魏志倭人伝』によれば,邪馬台国では,女王卑弥呼の死後,男王が継いだが,国中が服従せず内乱が続いた。そこで卑弥呼の宗女で 13歳になる壹与が擁立されて王となり,ようやく混乱が治まったという。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

壹与
いよ

生没年不詳。『魏志倭人伝(ぎしわじんでん)』にみえる弥生(やよい)文化後期の倭の女王。臺与(とよ)ともみえる。倭の女王卑弥呼(ひみこ)が3世紀の中ごろに死ぬと、男王がたったが、国中は服さず、内乱に発展した。そのような情勢のなかで、卑弥呼と同族の女でシャーマン的性向をもった年13になる壹与が擁立されて倭王となり、内乱は収まったという。『魏志倭人伝』によれば、その直後に中国に朝貢していることがわかるが、それ以後の動静については明確にされていない。ただ『日本書紀』に引くところの『晋書(しんじょ)』起居注にみえる「倭女王」が壹与とすれば266年までは在位していたことになる。大和(やまと)王権と関係づけて壹与を崇神(すじん)天皇皇女豊鍬入姫(とよくわいりひめ)に比定する見解もあるが、記紀と『魏志倭人伝』を直結するのは避けるべきであろう。[関 和彦]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

多文化主義

マルチ・カルチュラリズムともいう。さまざまな人種,民族,階層がそれぞれの独自性を保ちながら,他者のそれも積極的に容認し共存していこうという考え方,立場。「人種のるつぼ」的な同化主義に対抗する考え方で,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android