壺【う】塚(読み)こうづか

百科事典マイペディアの解説

壺【う】塚【こうづか】

韓国,慶尚北道慶州にある古墳。1946年の発掘調査により,双円墳であることが明らかになった。南墳を壺【う】塚,北墳を銀鈴塚と称している。川原石を床に敷いた墓壙には木槨(木槨墓)が置かれ,その内部木棺を収めたものと推定される。木棺の内部からは金銅製の冠,履,黄金製の耳飾,腕輪などの副葬品が出土した。なかでも,〈乙卯年国岡上広開土地好太王壺【う】十〉の銘のある青銅合子(ごうす)は,高句麗(こうくり)と新羅の交渉を示し,古墳の年代を5世紀初頭以後とする重要な資料。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

在職老齢年金

就業している高齢世代にも一定の年金を支給する制度。2004年の年金改正で、就労を阻害せず、働くことに中立な仕組みにするため、60歳代前半の人には厚生年金(定額部分も含む)の一律2割カットの仕組みを廃止...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android