変易(読み)ヘンエキ

デジタル大辞泉の解説

へん‐えき【変易】

[名](スル)変わること。また、変えること。へんやく。
「その形は復(また)と―することがない」〈有島・惜みなく愛は奪ふ〉

へん‐にゃく〔‐ヤク〕【変易】

へんやく(変易)」の連声(れんじょう)

へん‐やく【変易】

連声(れんじょう)で「へんにゃく」とも》
へんえき(変易)」に同じ。
変易生死(へんやくしょうじ)」の略。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

へんえき【変易】

( 名 ) スル
変えること。また、変わること。へんやく。 「決して之を-することを得ず/民約論

へんやく【変易】

〔「へんにゃく」とも〕
〘仏〙
へんえき(変易)」に同じ。
変易生死」の略。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

へん‐えき【変易】

〘名〙
① 変わること。また、変えること。変更。変改。へんやく。
※万葉(8C後)五・沈痾自哀文「孔子曰 受之於天、不変易者形也」
※徒然草(1331頃)九一「無常変のさかひ、ありと見るものも存せず」 〔楚辞‐離騒〕
② 易の三名の一つ。易はわかりやすい道理をいい、万古不易の道理をいうとともに、変化の理法を説くとする場合の称。転じて易のこと。
※土井本周易抄(1477)一「易は変易ぞ一陰一陽春夏秋冬たがいに変易せいでは天地人理叶はぬと云心ぞ」 〔鄭玄‐六芸論〕

へん‐やく【変易】

〘名〙 (「やく」は「易」の呉音。連声で「へんにゃく」とも)
※舎利講式和讚(1111頃)「一切衆生ことごとく、常住仏性備はれり、仏は常に世にゐます、実には変易ましまさず」 〔北本涅槃経‐二七〕
※法華義疏(7C前)二「昔日只就分段故。云滅度。而今猶有変易。故実不滅也」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

アポ電詐欺

《「アポ」は「アポイントメント」の略》電話を使用した振り込め詐欺の一。身内の者になりすまして電話番号が変わったと伝え、再度電話して金銭を要求したり、役所の担当者や銀行員などになりすまして電話をかけ、後...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android