夏の思い出

デジタル大辞泉プラスの解説

日本の唱歌題名作詞江間章子作曲中田喜直。発表年は1949年。歌いだしは「夏が来れば思い出す」。2007年、文化庁と日本PTA全国協議会により「日本の歌百選」に選定
日本のポピュラー音楽。歌と作詞作曲はJ-POPグループ、ケツメイシ。2003年発売。
日本の演劇作品。1983年、劇団青い鳥初演。作・演出:市堂令(いちどうれい)(青い鳥の集団創作時の筆名)。出演:上村柚梨子、木野花、芹川藍ほか。少女時代の夏の思い出を巡る物語。「いつかみた夏の思い出」(1986年)、「さらば夏の思い出」(1990年)といった改訂版による再演もある、同劇団の代表作。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

夏の思い出の関連情報