コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

外反足 ガイハンソク

デジタル大辞泉の解説

がいはん‐そく〔グワイハン‐〕【外反足】

足首の関節の異常により、足の外側が反り返る状態の足。足裏の内側が床に強く押しつけられるため扁平足になる。外翻足(がいほんそく)。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

外反足【がいはんそく】

内反足とは逆に,足全体が外側にそりかえり,足の小指が床につかない状態。扁平足を伴うことが多く,外反扁平足ともいう。小児の場合は,足の靭帯(じんたい)が弱いため起こり,多くは裸足で柔らかい土を踏む,足の指でものをつかむなどの訓練で治る。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

家庭医学館の解説

がいはんそく【外反足】

 足全体が外側に反り返り、足の小指が床から反り上がっている状態をいい、扁平足(へんぺいそく)(「扁平足」)を合併した場合は外反扁平足と呼ばれます。
 子どもは足の筋肉が弱いためにおこるので、裸足(はだし)で芝生(しばふ)の上を歩くなどして筋肉を鍛えると治ります。

出典 小学館家庭医学館について 情報

大辞林 第三版の解説

がいはんそく【外反足】

足首の関節の異常により、立った時に足底の内側部のみが地面につく状態となった足。外翻足がいほんそく。 ↔ 内反足

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android