多文化主義[カナダ](読み)たぶんかしゅぎ[カナダ](英語表記)Multi-Culturalism

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

多文化主義[カナダ]
たぶんかしゅぎ[カナダ]
Multi-Culturalism

1971年 10月カナダの P.トルドー首相が,文化,教育政策の基盤として採用することを明らかにした原則。具体的にはカナダを構成する多様な民族 (先住民のインディアン,イヌイットから,多数民族のイギリス系,少数民族のフランス系,その他のヨーロッパ系,アジア系など) のそれぞれの言語,文化を尊重し,その維持と発展を奨励するために積極的な政策的措置を講じようとしたもの。これに基づいて,72年 11月には多文化主義の促進に責任を負う国務相のポストが設けられ,カナダのあらゆる民族を代表する 100人から成る諮問委員会の協力を得て,多文化国家カナダの実現をはかることになった。少数民族の言語教育への援助,少数民族のカナダにおける歴史研究のための特別計画,国立映画制作局による文化映画の制作などの事業が進められている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android