コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

夜叉五倍子 ヤシャブシ

デジタル大辞泉の解説

やしゃ‐ぶし【夜×叉五子】

カバノキ科の落葉小高木。山地自生。よく枝分かれし、葉は長楕円形で先がとがる。3月ごろ、枝先に雄花穂を垂れてつけ、それより下方球状の雌花穂をつける。果穂は松かさ状をし、タンニンを含む。みねばり。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

やしゃぶし【夜叉五倍子】

カバノキ科の落葉小高木。山地に生える。葉は狭卵形で鋸歯があり、葉脈が目立つ。早春、開花、雄花穂は黄褐色で尾状に下垂する。果穂は松傘状で、二個ずつつく。ミネバリ。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

夜叉五倍子の関連キーワードヤシャブシミネバリ波牟乃木黄褐色榛木葉脈峰榛鋸歯卵形榿

今日のキーワード

書類送検

警察から検察官に対して事件を送致する場合 (送検) ,捜査に当たり逮捕した被疑者の身柄を引き続き拘束しておく必要があるときは書類,証拠物とともに身柄を送致するが,もともと逮捕しなかったり,一度逮捕した...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android