夜叉五倍子(読み)ヤシャブシ

デジタル大辞泉の解説

やしゃ‐ぶし【夜×叉五子】

カバノキ科の落小高木。山地自生。よく枝分かれし、葉は長楕円形で先がとがる。3月ごろ、枝先に雄花穂を垂れてつけ、それより下方球状の雌花穂をつける。果穂は松かさ状をし、タンニンを含む。みねばり。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

やしゃぶし【夜叉五倍子】

カバノキ科の落葉小高木。山地に生える。葉は狭卵形で鋸歯があり、葉脈が目立つ。早春、開花、雄花穂は黄褐色で尾状に下垂する。果穂は松傘状で、二個ずつつく。ミネバリ。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

やしゃ‐ぶし【夜叉五倍子】

〘名〙 カバノキ科の落葉小高木。本州の福島県以西、四国、九州の山野に生える。高さ五~七メートル。樹皮には緑白色の斑点がある。葉は柄をもち長さ五~一二センチメートルの狭卵形、一三~一七対の側脈をもち縁に不規則な二重の鋸歯(きょし)がある。雌雄同株。早春、葉に先だって枝先から暗紫褐色でひも状の雄花穂を垂れ、その下部に楕円形で紅色の雌花穂を直立する。果穂は楕円形で長さ約二センチメートル、「ふし」のかわりに染料に用いる。材は挽物細工・薪炭用。やしゃはんのき。みねばり。
※滑稽本・八笑人(1820‐49)二「あのつらを見ねへ紺屋でつかふヤシャブシのやうだぜ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

アラビックヤマト

ヤマト株式会社の液状のりのブランド名。1975年発売。スポンジキャップと速乾性が特徴。スタンダードのほか、先がカーブしている「エル」、太・細塗りが出来る「ツイン」、スポンジ部分を下にして置ける「さかだ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android