夜発(読み)ヤホツ

  • やほち

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 夜、辻などに立って通行人の袖をひき、売春する女性。つじぎみ。よたか。街娼。やほち。〔色葉字類抄(1177‐81)〕
※浮世草子・好色一代男(1682)三「夜発(ヤホツ)の輩(ともがら)、一日くらし、月雪のふる事も盆も正月もしらず」
〘名〙 =やほつ(夜発)〔十巻本和抄(934頃)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の夜発の言及

【夜鷹】より

…当時の街娼は夕暮れ以後に出没したので,夜行性の鳥の名を借りた隠語が通称になったと考えられるが詳細は不明。古語の夜発(やほつ)を街娼にあてることは西鶴などにもみえているが,夜鷹も元禄(1688‐1704)以前に用例があり,両者に用語上の関連は特定しがたい。江戸の本所割下水の吉田町は夜鷹の根拠地として有名で,ここから神田辺にまで出向いて稼いだ。…

※「夜発」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

夜発の関連情報