コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大モラビア国 だいモラビアこくVelkomoravský říše

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

大モラビア国
だいモラビアこく
Velkomoravský říše

9~10世紀のチェコ人の国家。スラブ人の最初の本格的な国家組織。 822年に最初の記録が現れる。初代の支配者はモイミル1世公。その子ロスティスラフ公はドイツ人の勢力に対抗するためビザンチンから宣教師キュリロスとメトディオスを招いたことで有名。その従兄スワトプルク公はドイツ人と戦い,パンノニアボヘミアラウジッツシレジア (シュレジエン) に勢力を拡張。しかしその死後,ドイツ人の介入,ハンガリー人の侵攻で急速に衰退した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

大モラビア国
だいもらびあこく
Velkomoravsk eチェコ語

9世紀前半、フランク王国に臣従していた西スラブ人が独立してつくった大国。その版図は現在のチェコ、スロバキアを中心に、ハンガリー、ポーランドの一部を含んだ。第2代の王ロスティスラフRostislav(在位846~870)の治世がとくに有名で、ローマ教会支配に伴う西方からの侵略を防止するために、ビザンツビザンティン帝国)との同盟を考え、ビザンツ教会の布教を懇請し、テッサロニキの高僧キリル(コンスタンティノス)、メトディオスの兄弟を招いた。その後さらに領土を拡大したが、強大化を恐れたフランク王国がハンガリーと結んで干渉したため、9世紀末から衰え始め、10世紀初頭にはハンガリー人の攻撃で滅亡した。[稲野 強]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

大モラビア国の関連キーワードチェコおよびスロバキア史(年表)ブルノのツゲンドハット邸チェコスロバキア文学モラビア(チェコ)チェコスロバキア史チェコスロバキアスピシュスキー城東欧史(年表)ブラチスラバハンガリー史チェコ文学スラブ民族ニトラサモ国東欧史レヒ

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android