コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大乗院日記目録 だいじょういんにっきもくろく

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

大乗院日記目録
だいじょういんにっきもくろく

4巻。興福寺大乗院第 20代門跡尋尊が,同院に伝えられていた日記類を抄出し,自己の記録を加えた書物。記事は,治暦1 (1065) ~永正1 (1504) 年にわたる。現在では散逸した記録を数多く含んでおり,貴重な史料である。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

大乗院日記目録【だいじょういんにっきもくろく】

奈良興福寺大乗院門跡尋尊(じんそん)が,1065年−1504年に至る約440年間の記録類から,重要な社会的事件などを抄出し,編年で記述したもの。正長の土一揆の記事は有名。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

大乗院日記目録の関連キーワード土一揆正長

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android