高安流(読み)たかやすりゅう

世界大百科事典 第2版の解説

たかやすりゅう【高安流】

(1)能のワキ方の流派名。流祖については諸説あって定めがたいが,家伝によると,高安長助(河内高安の人,もと横田姓)を流祖とし,2世を長助の子与八郎(安土桃山時代の人。金剛座ワキ方でのち金剛大夫を継いだ10世金剛又兵衛康季の養子となる),3世を与八郎の子太郎左衛門重政とする。太郎左衛門はワキ方春藤(しゆんどう)六右衛門友尊の女婿寿閑と号し,寿閑を芸祖とする伝承もあり,事実上の流儀の確立者らしい。寿閑の弟三右衛門は大鼓(おおつづみ)方高安流を継いだので,大鼓方とは同祖の間柄である。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

たかやすりゅう【高安流】

能のワキ方の流派の一。流祖は高安長助、事実上の芸祖は三世寿閑と伝える。江戸時代は金剛座の座付き。現在、名古屋・京都などを地盤とする。
能の大鼓おおつづみ方の流派の一。流祖高安与右衛門(道善)は美男子の名人で「高安エビス」と称された。江戸時代は金剛座の座付き。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

たかやす‐りゅう ‥リウ【高安流】

〘名〙
① 能のワキ方の一派。河内高安の人、高安長助(一説には、長助の子で金剛流ワキ方一〇世金剛又兵衛康季の養子となった高安与八郎)を祖とする。
② 能の囃子(はやし)方の大鼓(おおつづみ)の一派。室町末期、観世小次郎信光の子、観世彌三郎元供に大鼓を学んだと伝えられる、高安与右衛門道善を祖とする。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の高安流の言及

【ワキ方】より

シテ方囃子方狂言方に対しての呼称。現在,宝生流福王流高安(たかやす)流の3流がある。廃絶した流派に進藤流(明治期に廃絶),春藤流(大正期に廃絶)の2流があった。…

※「高安流」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

日米安全保障条約

1951年9月8日に対日講和条約と同時に署名された「日本国とアメリカ合衆国との間の安全保障条約」Security Treaty between Japan and the United States ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android