コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大南一統志 だいなんいっとうしDa Nan Yi Tong Zhi; Dai Nam Nhât Thông Chi

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

大南一統志
だいなんいっとうし
Da Nan Yi Tong Zhi; Dai Nam Nhât Thông Chi

19世紀末に漢文体で書かれたベトナムの地誌阮朝嗣徳 (→トゥ・ドゥク ) 帝の命令で編纂が始められ,嗣徳 35 (1882) 年に完成した。ベトナム全土に関する記述であるが,刊本となっているのは,中部ベトナムの部分だけである。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

だいなんいっとうし【大南一統志 Dai Nam Nhat Thong Chi】

ベトナムのグエン(阮)朝の版図を漢文で記述した地誌。嗣徳18年(1865),翼宗の勅命で国史館が清国の勅撰書《大清一統志》にならって編述し,同35年(1882)に完成した。その後も編述が補続されたが,乙酉の役(1885)でハムギ(咸宜)帝がフランス軍に敗れて蒙塵する際,稿本の一部が失われた。維新3年(1909)国史館総裁カオ・スアン・ズック(高春育)が稿本を収拾し,《大南一統志》17巻として板刻したが,すでに3地方に分割されてフランスの支配を受けていたため,板刻されたのは保護王国アンナン(安南)である中圻諸省の部分に限られ,北圻(トンキン)と南圻(コーチシナ)諸省の部分はその後も稿本で伝わっている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

明鏡止水

《「荘子」徳充符から》曇りのない鏡と静かな水。なんのわだかまりもなく、澄みきって静かな心の状態をいう。「明鏡止水の心境」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android