コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大名飛脚 だいみょうひきゃく

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

大名飛脚
だいみょうひきゃく

江戸時代,諸大名が藩と江戸の藩邸との間の連絡に用いた飛脚費用がすべて大名自身にかかったため,その負担に耐えかねて,町飛脚発達とともに衰微した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

だいみょう‐びきゃく〔ダイミヤウ‐〕【大名飛脚】

江戸時代、大名が国元江戸藩邸との通信のために設置した飛脚

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

だいみょうひきゃく【大名飛脚】

江戸時代、大名が国元と江戸藩邸との通信連絡のために設けた私設の飛脚。尾張・紀伊の両家は東海道七里ごとに人馬継ぎ立ての小屋を設けたので、七里飛脚とも呼ばれた。 → 飛脚

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

大名飛脚
だいみょうひきゃく

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

大名飛脚の関連キーワード宿駅制度江戸時代

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android