継飛脚(読み)つぎびきゃく

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「継飛脚」の解説

継飛脚
つぎびきゃく

江戸時代,幕府が直接に運営した飛脚各駅に常備された人馬を乗り継いで貨物や信書が逓送された。天正 18 (1590) 年徳川家康江戸入封に際して東海道で行われたのが最初。慶長6 (1601) 年伝馬 (てんま) 制が制定され,各街道の各駅に飛脚用の伝馬が常備された。東海道では各駅に 36頭ずつの伝馬が用意され,元禄9 (96) 年の定めでは,江戸-京都を急行 41時 (82時間) ,普通 45時 (90時間) で走った。継飛脚制度は,町飛脚発達とともに徐々に衰えたが,明治4 (1871) 年の国営郵便制度の確立まで存続した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディア「継飛脚」の解説

継飛脚【つぎびきゃく】

徳川家康の江戸入城時(1590年)に起源する江戸幕府公用飛脚伝馬朱印のある重要公文書を継送し,江戸では伝馬町の人夫がこれにあたった。老中所司代大坂城代駿府城代勘定奉行などが主に利用し,1633年以降は各街道宿場に継飛脚給米を与えた。所要時間はまちまちだが,江戸〜京都間で65〜80時間ほど。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

旺文社日本史事典 三訂版「継飛脚」の解説

継飛脚
つぎびきゃく

江戸時代,幕府公用の飛脚
1633年以後,幕府は諸街道の宿駅に継飛脚給米を与えて脚夫を配置し,公用の信書・貨物を継送させた。昼夜を問わず出され,所要時間は江戸〜大坂間で急行便は72〜74時間,中急行便で4〜5日,通常便5日とされた。

出典 旺文社日本史事典 三訂版旺文社日本史事典 三訂版について 情報

世界大百科事典内の継飛脚の言及

【飛脚】より

…飛脚の語源は古代律令制度下の飛駅と,その後現れた脚力の二つを織り合わせたものかとの説もある。【新城 常三】
[近世]
 近世の飛脚については,まず幕府が宿駅制度の下で実施した公用の継飛脚があり,各宿に人足が置かれ,川留解除には最初に渡河した。各藩には江戸と大坂と各城下町を結ぶ飛脚があり,尾州,紀州,姫路,雲州などの七里飛脚が有名である。…

※「継飛脚」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

羂索

《「羂」はわなの意で、もと、鳥獣をとらえるわなのこと》5色の糸をより合わせ、一端に環、他端に独鈷杵(とっこしょ)の半形をつけた縄状のもの。衆生救済の象徴とされ、不動明王・千手観音・不空羂索観音などがこ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android