コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大向う おおむこう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

大向う
おおむこう

劇場用語。舞台向う正面奥の観客席,およびそこに席を取る観客をいう。料金は安いが,鑑賞眼の高い庶民の観客が集るので,高級な桟敷席よりこの席の反応が重視された。舞台の芸の要所要所で,ここから俳優の屋号やその他さまざまのほめ言葉がかかり,芝居の進行に独特の興を添える。江戸時代には,率直で当意即妙な悪口も飛んだので,役者は大向うに気を使った。椅子席となった現代は,3階正面奥がこれにあたる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

おおむこう【大向う】

劇場用語。向う桟敷の総称。現在では常設する劇場は少ないが,3階の客席後方に仕切られた一幕見の立見席をいう。この席は舞台全体が見やすく,何度も見るには好都合な安価なので常連客が多い。これから,転じて常連客のこともいう。大向うから適宜かけられる掛声は,舞台を盛り上げる。また,大向うの舞台に対する評価は,口コミとなって興行成績,役者の人気を左右する影響力を持つ。【富田 鉄之助】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

大向う
おおむこう

劇場用語。最上階にある客席、またその席の観客。昔の劇場で2階の後方にあった「大入場」、現代では3階席や立見席がこれにあたる。大衆席であるため、俗受けをねらうことを「大向うを当て込む」というふうに日常語化しているが、反面、この席には芝居好きの見巧者(みごうしゃ)が多いので一種の尊敬も払われ、その意味ではフランスのパラディparadisやドイツのオリンプスOlympsに通じ、日本でも天井桟敷(さじき)とよぶことがある。[松井俊諭]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

大向うの関連キーワード大向うの人々/歌舞伎座三階人情ばなし市村 羽左衛門(15代目)市川 団十郎(11代目)中村 勘三郎(17代目)中村 吉右衛門(初代)尾上 菊五郎(6代目)山川静夫

今日のキーワード

異常天候早期警戒情報

5日から 8日先を最初の日とする 7日間の平均気温がかなり高い,またはかなり低い確率が 30%以上と見込まれる場合に注意を呼びかけるため気象庁から発表される情報。低温や猛暑が長く続くと,人の活動や農作...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

大向うの関連情報