大垂髪(読み)おすべらかし

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

大垂髪
おすべらかし

すべらかしともいい,婦人の下げ髪のこと。 (もとどり) から先のほうの髪を背側にすべらせ,長く垂れ下げたもので,日本の平安~室町時代にかけて,一部では明治初めまでこの髪型が中心であった。別名,すべし髪,すべし髻,下げ髪,垂髪ともいう。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

おお‐すべらかし〔おほ‐〕【大垂髪】

近世、宮中に仕えた女性の正装のときの髪形。両脇に広げながら後方へ垂らし、後ろ肩で束ねてハート形とし、髢(かもじ)を加えて長く垂らしたもの。武家の女性も用いた。さげがみ。すべらかし

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

大垂髪【おおすべらかし】

おすべらかし〉とも。平安時代貴族から,中世・近世の公家・武家の女性の髪形。現在宮中儀式に残る〈おすべらかし〉とは異なる。自然の垂髪を肩の辺で束ね,長かもじを添えて,絵元結(えもとゆい)で結び,その先を水引で数ヵ所結ぶ。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

おおすべらかし【大垂髪】

すべらかしの鬢びんを特に大きく張らせたもの。近世、公家婦人が儀式などに結った。大だい

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

おお‐すべらかし おほ‥【大垂髪】

〘名〙 近世の宮廷に仕える婦人の裳唐衣姿の際の髪形。下げ髪に髢(かもじ)を加えて、背後に長く垂れ下げる。袿姿(うちきすがた)の際の垂髪(すべらかし)より大形とするため大(だい)とも髪上下(かみあげした)ともいう。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

閻魔詣で

陰暦1月16日(初閻魔)と7月16日(大斎日)に閻魔堂に参詣(さんけい)すること。この日は地獄の釜(かま)のふたが開き、罪人が責め苦を免れると伝えられる。閻魔参り。《季 夏》...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android