コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

垂髪 すいはつ

デジタル大辞泉の解説

すい‐はつ【垂髪】

結いあげずに垂らしたままの髪。すべらかし。たれがみ。また、転じて、幼児。童子。

すい‐ほつ【垂髪】

仏像で、菩薩(ぼさつ)像などにみられる肩に垂れた髪。

すべし‐がみ【垂髪】

すべらかし」に同じ。

すべら‐かし【垂髪】

女性の髪形の一。前髪を膨らませ、後頭部でそろえて束ね、背中に長く垂らしたもの。江戸初期まで成人の女子の髪形であったが、のちには高貴な婦人の正式な髪形となった。さげがみ。すべしがみ。すべしもとどり。おすべらかし。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

すいはつ【垂髪】

背後に長く垂れた髪。たれがみ。すべらかし。
垂れ髪の子ども。幼児。

すいほつ【垂髪】

仏像で、肩まで垂れている髪をいう。

すべらかし【垂髪】

婦人の髪形の一。鬢びんを大きく張り、背の方へ長くさげたもの。かもじを入れ、水引などを結ぶ。武家婦人・宮中女官などが結った。すべしがみ。おすべらかし。さげがみ。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

垂髪
すいはつ

女性の髪形の一種。下げ髪ともいう。平安時代以降、高貴な婦人の間では、髪の長さが自分の身丈より30センチメートルも長いのが普通で、『大鏡』には、牛車(ぎっしゃ)に乗って毛先が母屋(おもや)の柱に引っかかったほどの長さの女御(にょうご)がいたことが記されている。庶民の髪も、当時は垂髪であったが、その長さが腰くらいであったのは、仕事をするのに不便であったことに起因する。この垂髪は明治以降、宮中女官の間では「おすべらかし」といって、儀式の際の髪形として用いられた。その形は、鬢(びん)を張り出して誇張されたところに特色がある。また民間では、明治に入って「お下げ」と称して、年齢5、6歳から中学卒業ごろまでの子供の髪形であった。しかし、「おかっぱ」という切り髪が大正末期にはやりだしてから、しだいに衰退していった。[遠藤 武]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の垂髪の言及

【髪形】より

…法隆寺宝物として伝わる仏像や伎楽面,正倉院宝物の《鳥毛立女屛風》,薬師寺に伝わる仏画《吉祥天女像》などによると,女は頭上に高い髷を結いあげるか,左右に二つの髷をのせている。また,大きくふくらませた一種の垂髪形式など,身分や年齢差が髪形に表れるようになった。これらを高髻(こうけい)または宝髻(ほうけい),頭上二髻(ずじようにけい),垂髪(すいはつ)などの名称で分類している。…

※「垂髪」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

不義理

[名・形動]1 義理を欠くこと。また、そのさま。「多忙でつい不義理になる」2 人から借りた金や物を返さないでいること。「茶屋への―と無心の請求」〈逍遥・当世書生気質〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone

垂髪の関連情報