コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大尉の娘 たいいのむすめ Kapitanskaya dochka

4件 の用語解説(大尉の娘の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

大尉の娘
たいいのむすめ
Kapitanskaya dochka

ロシアの作家 A.プーシキンの小説。 1833~36年執筆,36年発表。僻遠の地キルギスの要塞に派遣された青年士官グリニョフは,司令官ミローノフ大尉の娘マリヤと愛し合う。時あたかもロシア全土を震撼させたプガチョーフの反乱が起り,彼は捕虜となり,マリヤは孤児となるが,以前ある旅宿でうさぎの皮衣を与えたことが機縁となって,プガチョーフと奇妙に親しい間柄となる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

たいいのむすめ〔タイヰのむすめ〕【大尉の娘】

《原題、〈ロシア〉Kapitanskaya dochkaプーシキン歴史小説。1836年刊。プガチョフの反乱を背景に、司令官の娘マリアと士官グリニョフとの恋など、さまざまな事件を、グリニョフの手記のかたちで描く。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

たいいのむすめ【大尉の娘】

プーシキンの長編歴史小説。1836年作。プガチョフの乱を背景に、辺境の要塞に赴任した青年士官グリニョフと司令官の娘マーシャの恋愛、プガチョフとグリニョフの交流を簡潔な文体で描く。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

大尉の娘
たいいのむすめ
Капитанская дочка Kapitanskaya dochka 

ロシアの詩人プーシキンの完成された唯一の中編歴史小説。1836年発表。プーシキンは18世紀に起こったプガチョフの反乱(1773~75)に深い関心を抱いて熱心に研究したが、その研究の文学的成果がこの作品である。プガチョフ事件を背景に、要塞(ようさい)司令官ミロノフ大尉の娘マリヤ、士官グリニョフとシバーブリン、そして当のプガチョフらをめぐるさまざまの事件がグリニョフの手記の形で描かれる。イギリスの作家W・スコット流の歴史小説と近代的な家庭小説とがみごとに融合している。文体は簡潔かつ正確で、プーシキンの散文作品の代表作の名に恥じない。また、プガチョフを極悪人としてでなく、きわめて人間的な、多分に同情に値する人間として描いたことも特筆される。[木村彰一]
『『大尉の娘』(中村白葉訳・新潮文庫/神西清訳・岩波文庫)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大尉の娘の関連キーワードスペードの女王サーニズムプーシキン広場エフゲニー・オネーギン黒い瞳 プーシキン作「大尉の娘」よりプードルの身代金ボリス・ゴドノフロシアの恋人冬の嵐、ペテルブルクに死す プーシキン作「スペードの女王」よりハンドシキン

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

大尉の娘の関連情報