コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大尉の娘 たいいのむすめKapitanskaya dochka

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

大尉の娘
たいいのむすめ
Kapitanskaya dochka

ロシアの作家 A.プーシキンの小説。 1833~36年執筆,36年発表。僻遠の地キルギスの要塞に派遣された青年士官グリニョフは,司令官ミローノフ大尉の娘マリヤと愛し合う。時あたかもロシア全土を震撼させたプガチョーフの反乱が起り,彼は捕虜となり,マリヤは孤児となるが,以前ある旅宿でうさぎの皮衣を与えたことが機縁となって,プガチョーフと奇妙に親しい間柄となる。この間の描写を通してそれまで略奪者とされてきたプガチョーフの人間味が反乱の残忍性との対比において照し出され,著者の歴史的関心の所在を示していると同時に,民衆の素朴な姿を従来の形式性を脱した現代口語で叙述することにより,リアリズム文学の開花をもたらした。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

たいいのむすめ〔タイヰのむすめ〕【大尉の娘】

《原題、〈ロシア〉Kapitanskaya dochkaプーシキンの歴史小説。1836年刊。プガチョフの反乱を背景に、司令官の娘マリアと士官グリニョフとの恋など、さまざまな事件を、グリニョフの手記のかたちで描く。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

たいいのむすめ【大尉の娘】

プーシキンの長編歴史小説。1836年作。プガチョフの乱を背景に、辺境の要塞に赴任した青年士官グリニョフと司令官の娘マーシャの恋愛、プガチョフとグリニョフの交流を簡潔な文体で描く。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

大尉の娘
たいいのむすめ
Капитанская дочка Kapitanskaya dochka 

ロシアの詩人プーシキンの完成された唯一の中編歴史小説。1836年発表。プーシキンは18世紀に起こったプガチョフの反乱(1773~75)に深い関心を抱いて熱心に研究したが、その研究の文学的成果がこの作品である。プガチョフ事件を背景に、要塞(ようさい)司令官ミロノフ大尉の娘マリヤ、士官グリニョフとシバーブリン、そして当のプガチョフらをめぐるさまざまの事件がグリニョフの手記の形で描かれる。イギリスの作家W・スコット流の歴史小説と近代的な家庭小説とがみごとに融合している。文体は簡潔かつ正確で、プーシキンの散文作品の代表作の名に恥じない。また、プガチョフを極悪人としてでなく、きわめて人間的な、多分に同情に値する人間として描いたことも特筆される。[木村彰一]
『『大尉の娘』(中村白葉訳・新潮文庫/神西清訳・岩波文庫)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

大尉の娘の関連キーワードプーシキン(Aleksandr Sergeevich Pushkin)黒い瞳 プーシキン作「大尉の娘」より水谷 八重子(1代目)水谷 八重子(初代)日本映画史(年表)水谷八重子(初代)プーシキン(年譜)プガチョフの乱マダムと女房波乃久里子井上 正夫ロシア文学田村 秋子関根 達発瀬戸 義直水谷八重子野村 芳亭中内 蝶二阿部 洋子加藤 精一