コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大崩海岸 おおくずれかいがん

3件 の用語解説(大崩海岸の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

大崩海岸
おおくずれかいがん

静岡県中部,静岡市の南西部の石部から焼津市北部の浜当目 (はまとうめ) にいたる駿河湾にのぞむ海岸。長さ約 4km。背後の山が海に迫り,切立った断崖,絶壁が連続し,落石,崖崩れが頻発する。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

おおくずれ‐かいがん〔おほくづれ‐〕【大崩海岸】

静岡県中央部、静岡・焼津(やいづ)市境の駿河湾に望む海岸。約4キロメートル、高さ50~100メートル。急傾斜の海食崖のため「東海の親不知(おやしらず)」といわれる。富士山を望む景勝地。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

大崩海岸
おおくずれかいがん

静岡市駿河(するが)区用宗(もちむね)と焼津(やいづ)市浜当目(はまとうめ)との間の駿河湾に臨む海岸。高さ50~100メートル、平均傾斜40度をもつ海食崖(がい)で東海の親不知(おやしらず)ともよばれ、風光に恵まれる。地質はアルカリ玄武岩・アルカリ粗面岩で、海底火山の噴出物であることを示す枕(まくら)状構造に特色がある。この海食崖を切って国道150号が通っていたが、豪雨時には落石や崩壊を繰り返したため、迂回(うかい)する大崩バイパスが1978年(昭和53)建設された。[北川光雄]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大崩海岸の関連キーワード静岡県賀茂郡松崎町石部静岡県焼津市大静岡県焼津市小浜静岡県焼津市三ケ名静岡県静岡市駿河区石部静岡県焼津市田尻静岡県焼津市西焼津静岡県焼津市飯淵静岡県焼津市焼津静岡県焼津市八楠

今日のキーワード

太陽系外惑星

太陽以外の恒星を回る惑星。その存在を確認する方法として、(1)惑星の重力が引き起こす恒星のわずかなふらつき運動を、ドップラー効果を用いて精密なスペクトル観測により検出する、(2)惑星が恒星の前面を通過...

続きを読む

コトバンク for iPhone