大府宣(読み)ダイフセン

世界大百科事典 第2版の解説

だいふせん【大府宣】

平安末期以降の文書様式の一つ。大宰府庁宣旨の略称。大宰府の府務を請け負う官長(,権帥,大弐のうち1人)が府在庁官人に府務を指令する文書。差出書を〈大府宣〉または〈庁宣〉と書き出し,位署は官長の単署であり,様式は国司庁宣と共通している。府発給の下達文書としては,8~10世紀には公式令に定める大宰府符(官長と典1人の位署),11世紀には官長の袖判をもつ大宰府政所下文(大監以下の在庁官人連署)が使われ,所管の九州諸国へ下した。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

大府宣
だいふせん

大宰府(だざいふ)の長官が大宰府の在庁官人に対して出した庁宣(ちょうせん)。

[編集部]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

だいふ‐せん【大府宣】

〘名〙 古文書の様式の一つ。大宰帥(だざいのそち)あるいは大弐(だいに)が大宰府に向けて出す文書。書出しに「大府宣」と書き、宛所は「大宰府在庁官人等」とした。
※朝野群載‐二〇・保安四年(1123)一二月二七日大宰大弐藤原長実最初府宣「大府宣 大宰府在庁官人等 仰下 三箇条事」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の大府宣の言及

【公家様文書】より

…その淵源は二つに分けられる。一つは奈良時代に,仰せ,命令の意で広く用いられていた宣の系譜を引く内侍宣(ないしせん),宣旨(せんじ),口宣案(くぜんあん),官宣旨(弁官下文),国司庁宣,大府宣などである。内侍宣は,天皇に近侍して奏宣をつかさどる内侍司の女官が天皇の仰せを伝えるものであるが,薬子の変を機に蔵人所が置かれ(810),蔵人が天皇の仰せを,太政官の上卿に伝えるようになった。…

※「大府宣」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる