コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

そつ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説


そつ

大宰府長官。1名。「そち」とも読む。唐名は都督令制以前には「率」の字を用いた。令制では親王は三・四品,臣下は従三位が相当位。職掌西海道9国3島の総括と外国人の取扱方。平安時代,帥は親王の任となり,権帥 (ごんのそち) ,大弐 (だいに) が実務をとった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

すい【帥】

軍隊の主将。将軍。「三軍

すい【帥】[漢字項目]

常用漢字] [音]スイ(呉)(漢) ソツ(漢) ソチ(呉) [訓]かみ
〈スイ〉
軍を率いる最高の官。「元帥将帥総帥
先頭に立って指揮する。「統帥
〈ソツ〉ひきいる。「帥先

そち【帥】

律令制で、大宰府(だざいふ)の長官。そつ

そつ【帥】

そち(帥)

そつ【帥】[漢字項目]

すい

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

そち【帥】

〔呉音〕
そつ(帥)」に同じ。 「しひて-になし奉りて/蜻蛉

そつ【帥】

律令制で、大宰府の長官。従三位相当。弘仁年間(810~824)より、多く親王が任命された。そち。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

帥の関連キーワード大元帥・大元文唫社胤雄鳥居を越す大宰大弐経信卿記大伴旅人筑紫総領藤原浜成邦道親王大江匡房帥の皇子仲野親王敦道親王日野資実大宰権帥藤原俊子亀井派大府宣平惟仲源都督

今日のキーワード

衣笠祥雄

[生]1947.1.18. 京都プロ野球選手。京都の平安高校時代,捕手として甲子園に出場。高校卒業後,1965年広島東洋カープに入団。内野手に転向し,1970年 10月 19日の対読売ジャイアンツ (...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

帥の関連情報