コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

庁宣 ちょうせん

百科事典マイペディアの解説

庁宣【ちょうぜん】

古文書の一つ。〈ちょうせん〉とも。大宰帥(だざいのそち)がその管轄下に出す大宰府庁宣(大府宣)と,国守が出す国司庁宣とがある。平安時代には大宰帥・国守が任国にいかない遥任(ようにん)の制度が盛んになり,在庁官人(任地で実際の政務を行う者)や留守所にあてて出している。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ちょうぜん【庁宣】

平安時代以降の文書様式の一つ。広義には国司庁宣,大府宣,伊勢大神宮司庁宣など,差出書を〈庁宣〉と書き出す文書の総称であるが,厳密には国司庁宣のみを指す。11世紀から14世紀まで行われた国務文書の一つで,受領(ずりよう)の発する下文様文書。律令政治の地方行政制度である国司が行う政治・行政行為を国務というが,10世紀以降国務は従来の守・介・掾・目の四等官国司の連帯責任制から官長(守または介)の単独請負制へと変化する。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

ちょうせん【庁宣】

遥任の国司が国衙こくがの留守所に対して出した文書。
検非違使けびいし別当の出した宣のこと。
院庁下文いんのちようくだしぶみのこと。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

庁宣
ちょうせん

平安時代中ごろから国司遙任(こくしようにん)制に伴って現れる古文書の一様式。国司庁宣のこと。任国に赴任せず在京したままの国守が、国の在庁官人(ざいちょうかんじん)・留守所(るすどころ)にあてて出した文書で、「庁宣」と書き出し、「大介」と署判した例が多い。国符(こくふ)にかわって用いられるようになる。在京する大宰帥(だざいのそち)(大宰府の長官)が管下に出した庁宣には、とくに大府宣(だいふせん)と書き出したものがみられる。[酒井紀美]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

庁宣の関連キーワード四日市(市)与止日女神社公家様文書副状∥添状院庁下文政所下文検非違使久利氏古文書方上荘温泉荘国衙在京袖判別納国宣別当

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android