大日方 伝(読み)オビナタ デン

20世紀日本人名事典の解説

大日方 伝
オビナタ デン

昭和期の俳優



生年
明治40(1907)年3月16日

没年
昭和55(1980)年8月21日

出生地
福岡県小倉市室町(現・北九州市)

学歴〔年〕
東洋大学

経歴
園芸技手を経て、昭和4年22歳で映画界入り。日活を経て、7年松竹蒲田に入社。13年東宝に移る。「伊豆の踊子」で田中絹代と共演してスターとなり、戦前は野性味ある二枚目として活躍。おもな主演作品に「生きとし生けるもの」「一つの貞操」など。28年ブラジルに移住したが農場経営に失敗、その後米国で長く貿易関係の仕事をしていた。体をこわし帰国、闘病生活を続けていた。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

新撰 芸能人物事典 明治~平成の解説

大日方 伝
オビナタ デン*


職業
俳優

生年月日
明治40年 3月16日

出生地
福岡県 小倉市室町(北九州市)

学歴
東洋大学

経歴
園芸技手を経て、昭和4年22歳で日活に入社。5年「至誠の輝き」でデビュー。オリエンタル映画のトーキー「浪子」で水谷八重子と共演したのち、7年松竹蒲田に入社。田中絹代と共演した「伊豆の踊子」(8年)、逢初夢子と組んだ「隣の八重ちゃん」(9年)の学生役でスターとしての地位を確立。「生きとし生けるもの」「一つの貞操」(9年)で主役を演じ、10年東京発声の創立に参加、「若い人」(12年)、「太陽の子」(13年)の教師役で大成功を収める。13年東宝に移り、「上海陸戦隊」(14年)、「燃ゆる大空」(15年)、「母の地図」(17年)などで行動的な役を多く演じた。戦後は大映で「夜の門」(23年)、「検事と女看守」(24年)、「窓から飛び出せ」(25年 原作・製作も)などに主演。28年、年来の夢であった農業経営のためブラジルに移住したが、間もなく失敗、その後米国で長く貿易関係の仕事をしていた。体をこわし帰国、闘病生活を続けていた。

没年月日
昭和55年 8月21日 (1980年)

出典 日外アソシエーツ「新撰 芸能人物事典 明治~平成」(2010年刊)新撰 芸能人物事典 明治~平成について 情報

今日のキーワード

バンクシー

英ロンドンを中心に活動する覆面アーティスト。世界各地の街に現れて建物の壁などに社会風刺的なグラフィティアートを描くなど、ゲリラ的なアート活動を行っている。2005年に自身の作品を世界各国の有名美術館に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android