コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大暦十才子 たいれきじっさいし Da-li shi-cai-zi

2件 の用語解説(大暦十才子の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

大暦十才子
たいれきじっさいし
Da-li shi-cai-zi

中国,中唐の大暦年間 (766~779) に活躍した詩人 10人の総称。『唐書』文芸伝,および『唐才子伝』によれば,盧綸,吉中孚,韓こう銭起司空曙,苗発,崔どう,耿い (こうい) ,夏侯審,李端の 10人であるが,皇甫曾郎士元李益,李嘉祐らを加える説もあって出入りがある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

大暦十才子
たいれきじっさいし

中国、中唐初期の詩人たちに対する文学史上の呼称。『新唐書(しんとうじょ)』「文芸伝」によれば、盧綸(ろりん)、吉中孚(きっちゅうふ)、韓(かんこう)、銭起(せんき)、司空曙(しくうしょ)、苗発(びょうはつ)、崔(さいどう)、耿(こうい)、夏侯審(かこうしん)、李端(りたん)の10人をよぶが、ほかに郎士元(ろうしげん)、李益(りえき)、李嘉祐(りかゆう)、皇甫曽(こうほそう)および冷朝陽(れいちょうよう)らを加える説もある。唐王朝が政治的経済的また文化的に隆盛を誇った盛唐期も、その晩期は安史の乱(755~763)によって、一挙に衰運をたどった。文学史上の中唐は普通、大暦年間(766~779)に始まるとされるが、真に中唐期的特色が発揮されるのは元和(げんな)(806~820)以後であり、大暦年間は衰運から中興に至る過渡期に属する。上述の詩人たちはその困難な大暦期を中心に活躍して、名声を得たので「十才子」とよばれる。唐人選唐詩の『中興間気集(ちゅうこうかんきしゅう)』が、彼らの代表銭起と郎士元を、それぞれ上巻と下巻の筆頭詩人とするのは、十分に理由がある。一概には論ぜられないが、彼らは近体詩に優れ、自然詩に新境地をみせた。悲憤慷慨(こうがい)の情をときにもらすのは、大乱の辛酸をなめ、官界でも不遇であったゆえであろう。[伊藤正文]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大暦十才子の関連キーワード水墨画銭起暦年齢中唐晩唐暦年唐の紙大暦の十才子内江大暦

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone