悲憤慷慨(読み)ヒフンコウガイ

  • ひふんこうがい ‥カウガイ
  • ひふんこうがい〔カウガイ〕
  • 悲憤×慷慨

デジタル大辞泉の解説

[名](スル)世情や自分の運命などについて、憤慨し、嘆き悲しむこと。「不正の横行を悲憤慷慨する」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 世の有様や、自己の運命などについていきどおり、嘆き悲しむこと。慷慨悲憤。
※演歌・亜細亜の前途(1893‐96頃)〈酔郷学人〉「悲憤慷慨(ヒフンカウガイ)亜細亜の前途を観察すれば」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

四字熟語を知る辞典の解説

世情や自分の運命などに対していきどおり、嘆き悲しむこと。

[活用] ―する。

[使用例] 多分うるさいことになって、私がまたもや悲憤慷慨するような羽目に陥っただろう[尾崎一雄*祖父|1956]

[使用例] 玉石こんこうでいろんな人物がいたが、酒席の悲憤慷慨でも、もっとも話の合うのはその人々だった[高橋和巳*堕落|1965]

[解説] 「慷慨」は正義に外れたことなどに対していきどおり、心を奮い起こしたり、悲しんだりすること。

出典 四字熟語を知る辞典四字熟語を知る辞典について 情報

今日のキーワード

朝三暮四

《中国、宋の狙公(そこう)が、飼っている猿にトチの実を与えるのに、朝に三つ、暮れに四つやると言うと猿が少ないと怒ったため、朝に四つ、暮れに三つやると言うと、たいそう喜んだという「荘子」斉物論などに見え...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android