コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大東亜共同宣言 だいとうあきょうどうせんげん

1件 の用語解説(大東亜共同宣言の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

大東亜共同宣言
だいとうあきょうどうせんげん

1943年 11月6日,大東亜会議において,日本 (東条英機) ,中華民国 (汪兆銘) ,タイ (ワン・ワイタヤコン) ,満州国 (張景恵) ,フィリピン共和国 (ホセ・ペー・ラウレル) ,ビルマ (バ・モー) ,さらに自由インド仮政府からチャンドラ・ボースも陪席し,各国代表によって全会一致で採択された共同宣言

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の大東亜共同宣言の言及

【大東亜会議】より

…この年2月,日本軍はガダルカナル島より撤退,5月にはアッツ島守備隊が全滅するなど,戦局がいよいよ悪化するなかで,大本営政府連絡会議は,戦争完遂の決意と大東亜共栄圏の確立を内外に声明する会議の開催方針を定め,首相東条英機の東南アジア訪問後の10月はじめ,あらためて日本を中核とする政略態勢,日本に対する戦争協力を強化する必要を認め,同会議の具体的要綱を決定した。こうして11月5,6日の両日,東京で開催されたこの会議には,東条をはじめ中国行政院長汪兆銘,〈満州国〉国務総理張景恵,フィリピン大統領ラウレル,ビルマ大統領バモー,タイ首相代行ワンワイタヤコーン,自由インド仮政府主席S・C・ボースが出席,全会一致をもって大東亜共同宣言を採択した。6日に発表された右宣言は,〈大東亜各国ハ相提携シテ大東亜戦争ヲ完遂シ大東亜ヲ米英ノ桎梏ヨリ解放シテ其ノ自存自衛ヲ全ウシ〉,(1)道義に基づく共存共栄の秩序の建設,(2)自主独立の尊重と互助敦睦,(3)伝統の尊重と民族の創造性の伸暢,(4)互恵的経済発展,(5)人種差別の撤廃,文化の交流と資源の開放を綱領とする大東亜の建設を期すとうたっており,外相重光葵は1941年連合国が発表した大西洋憲章と同一の精神に出たものとしている。…

※「大東亜共同宣言」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大東亜共同宣言の関連キーワード大東亜会議大東亜共栄圏大東亜戦争大東亜大東亜帝国貿易記念日残留孤児・婦人訴訟判決大東亜新秩序大東亜政略指導大綱東亜会

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone