コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大槐秘抄 たいかいひしょう

2件 の用語解説(大槐秘抄の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

大槐秘抄
たいかいひしょう

平安時代中期の政治意見書。1巻。太政大臣藤原伊通 (1093~1165) の著。応保2 (62) 年頃完成。二条天皇に提出したもので,かな書き。院政時代で朝廷の儀式その他がゆるみがちであったため,天皇の心構え,臣下に対する態度,政治への積極的姿勢,日常生活のあり方など二十数条を説き,聖徳太子の『十七条憲法』に模して,17条の心得を記している。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

たいかいひしょう【大槐秘抄】

政治のあり方から日常の生活にいたるまで,天皇が心得るべき事柄をまとめた意見書。太政大臣藤原伊通(これみち)が二条天皇に提出したもので,12世紀後半の成立。宇多天皇が著した帝王学の書《寛平御遺誡(かんぴようのごゆいかい)》や先例を引用して,仮名文で具体的に説いている。巻尾には聖徳太子の《十七条憲法》に擬して,天皇の心得を17ヵ条にまとめて列記している。《群書類従》所収。【吉岡 真之】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大槐秘抄の関連キーワード日常性綱紀粛正平平坦坦有用植物略本暦旅具暮らし振り直毘政況生活保護基準額

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone