コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

寛平御遺誡 かんぴょうのごゆいかい

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

寛平御遺誡
かんぴょうのごゆいかい

寛平9 (897) 年,宇多天皇が幼い醍醐天皇に位を譲る際に与えた教訓。1巻。漢文体。『誡訓』『御誡』などとも称された。天皇としてのふるまい,動作,学問,任官叙位朝廷の儀式,慣習臣下良否などについて注意しなければならない事柄を記す。摂政関白をはじめ,貴族にとっても貴重な教養書であった。今日,完全な形で伝わらないが,古書には多く引用されており,尊重された様子がわかる。『群書類従所収

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

かんぴょうのごゆいかい〔クワンピヤウのゴユイカイ〕【寛平御遺誡】

寛平9年(897)宇多天皇譲位の際、幼少の醍醐天皇に与えた教訓書。1巻。公事儀式・任官叙位のあり方、天皇の日常作法などを説く。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

寛平御遺誡【かんぴょうのごゆいかい】

897年(寛平9年)宇多(うだ)天皇が当時13歳の皇太子敦仁(あつひと)親王(のちの醍醐(だいご)天皇)に書き贈った帝王学教本天皇の日常の心得や作法,朝廷の政務儀式や年中行事などを詳細に記している。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

かんぴょうのごゆいかい【寛平御遺誡】

897年(寛平9)宇多天皇が醍醐天皇に位を譲るにあたって,当時13歳の幼少の天皇のために書き贈った帝王学の教本。叙位・任官などの朝廷の政務儀式,天皇の動作や学問のことなど,天皇としての心得を細かく記している。鎌倉時代図書目録《本朝書籍(しよじやく)目録》に〈寛平遺誡一巻〉と見える。現在伝わるのは残欠本であるが,儀式書その他に多くの逸文が引かれており,本書が年中行事の規範としても重視されていたことがうかがわれる。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

かんぴょうごゆいかい【寛平御遺誡】

教訓書。一巻。宇多天皇が897年譲位に際し、幼少の醍醐天皇のために天皇としての心構えを書き残したもの。寛平遺誡いかい

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

寛平御遺誡
かんぴょうのごゆいかい

897年(寛平9)、宇多(うだ)天皇が13歳の第1皇子敦仁(あつひと)親王(醍醐(だいご)天皇)への譲位に際し、同親王に贈った天皇の心得を述べた漢文体の訓誡書。1巻。内外の政務、日常の動作、学問の態度などを、桓武(かんむ)天皇の逸話を引用して懇切に示し、人物の登用については、藤原時平(ときひら)、菅原道真(すがわらのみちざね)、平季長(すえなが)、紀長谷雄(きのはせお)らの名をあげて積極的意見を述べ、なかでも道真を信任すべきことを記す。また『群書治要』(唐、魏徴(ぎちょう)(せん))を帝王学の必読書としていることは注目される。古くから、帝王必見の書、摂政(せっしょう)関白・蔵人(くろうど)の座右の書とされた。完本はなく、『群書類従』『列聖全集』などに逸文が集録されている。[林 幹彌]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

寛平御遺誡の関連キーワード藤原時平大槐秘抄紀長谷雄殿上人心構え朝餉家訓

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android