コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大汶口遺跡 だいぶんこういせきDa-wen-kou

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

大汶口遺跡
だいぶんこういせき
Da-wen-kou

中国山東省寧陽県堡頭および泰安県大 汶口にまたがる新石器時代の遺跡。大 汶口文化の標準遺跡で,1959年に発掘調査が行われ,120基余の墓葬が発見された。葬制は仰身直肢葬が主体で,大型の墓で副葬品の多いものは 160点にも達した。副葬品には灰陶,紅陶,黒陶白陶彩陶などの土器,石器,骨角器があり,山東 (典型的) 竜山文化より早い時期の文化と考えられ,また青蓮崗文化との関連も認められる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

だいぶんこういせき【大汶口遺跡 Dà wèn kŏu yí zhǐ】

中国,山東省泰安県大汶口鎮一帯に所在し,大汶河に面している新石器時代,大汶口文化の標準遺跡。1959年の発掘では墳墓群を,74年の発掘では包含層を明らかにした。大汶口文化は通常,早・中・晩の3期に区分され,墳墓は中・晩期に,包含層は早・中期に相当する。墳墓は総数133基で早・中・晩の3期に分けられ,早・中は大汶口文化の中期に,晩は同文化の晩期に位置している。埋葬は通常副葬品を伴って単人仰臥伸展葬をとるが,男左女右の合葬墓をなすこともある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大汶口遺跡の関連キーワードタイアン(泰安)特別市

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android