(読み)サワ

  • さわ さは
  • さわ〔さは〕
  • たく
  • 沢〔澤〕
  • 漢字項目

デジタル大辞泉の解説

浅く水がたまり、草が生えている湿地。
山あいの比較的小さい渓谷。「登り」
めぐみ。恩恵。恩沢。
「海内久しく穏かにして人民泰平の―を楽みたりしかども」〈田口日本開化小史
常用漢字] [音]タク(漢) [訓]さわ
〈タク〉
湿地。さわ。「沢畔/山沢沼沢藪沢(そうたく)
物が豊かにあること。うるおい。「沢山潤沢贅沢(ぜいたく)
人に施す恵み。「恩沢恵沢徳沢余沢
つや。「光沢色沢手沢
〈さわ〉「沢辺沢水涸沢(からさわ)
[名のり]ます
[難読]沢瀉(おもだか)沢庵(たくあん)

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

山地斜面を刻み込んでいる小さな谷で、尾根に対する語。普段は多少湿っている程度で、雨が降ったときだけ水流がみられる。地方によってはかなり大きな谷でも沢とよぶことがある。恒常的に水が流れていても沢とよぶ場合があり、沢、谷、川などはそれほど厳密に区別して用いられていない。谷川岳の一ノ倉沢、マチガ沢、北穂高岳の涸沢(からさわ)などのように登山ルートとして稜線(りょうせん)沿いのコースよりも有名になっている所もある。水面や湿地を沢とよぶこともあり、沼沢地という場合がこれに相当する。

[髙山茂美]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙
① 浅く水がたまり、草の生えている湿地。水草の生えている地。
※書紀(720)雄略二年一〇月(前田本訓)「遂に従(めく)りて林泉に憩(いこ)ふて藪沢(やふサハ)に相羊(もとほりあそ)ひて」
② 山間の谷。また、そこを流れる水。渓流。谷川。
※万葉(8C後)一四・三三五八「さ寝(ぬ)らくは玉の緒ばかり恋ふらくは富士の高嶺の鳴る佐波(サハ)のごと」
姓氏の一つ。
〘名〙
① 低くて草がしげっている湿地。さわ。野地(やち)。〔春秋左伝‐宣公一二年〕
② うるおっていること。また、たくさんあること。潤沢。〔易経‐夬卦〕
③ めぐみ。恩恵。恩沢。
※江戸繁昌記(1832‐36)二「豈に昌平の沢ならずや」 〔書経‐畢命〕
④ つや。ひかり。光沢。〔春秋左伝‐襄公二八年〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内のの言及

【髪油】より

…現代では狭義にはヘアオイル,香油であるが,広義にはヘアクリーム,ポマード,チック,ヘアリキッドなどもいう。中国では古くから,ゴマ油やクルミ油を綿にしみ込ませて広口の壺に入れた髪油を,沢(たく)とよんでいた。日本でも奈良時代以降,沢を阿布良和太(あふらわた)とよんでいたことが《和名抄》にみえる。…

※「沢」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

沢の関連情報