コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大湊湾 おおみなとわん

5件 の用語解説(大湊湾の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

大湊湾
おおみなとわん

青森県北東部,陸奥湾の北東部に位置する湾曲部内側の湾。芦崎の砂嘴が北へ突出して湾の一部を区切っている。冬季には天然記念物のオオハクチョウが渡来し,ノリの養殖が盛ん。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

おおみなと‐わん〔おほみなと‐〕【大湊湾】

青森県北東部、下北半島のくびれた部分にある湾。陸奥(むつ)湾の支湾。オオハクチョウコクガンの渡来地。大湊港には海上自衛隊の基地がある。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

おおみなとわん【大湊湾】

青森県北東部,下北半島頸部の湾曲部内側にある湾。葦崎の砂嘴(さし)が西から突出して湾の一部を区切っている。この砂嘴は標高1~3m,付け根の幅の広い部分(約1km)と先端の急に幅の狭くなる部分(約100m)からなる。湾奥に大湊港が開け,江戸時代には木材の積出港として栄えた。1905年海軍要港部がおかれ軍港として発達した。第2次世界大戦中は軍需工場も設立されにぎわったが,戦後は海上自衛隊の基地となった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本の地名がわかる事典の解説

〔青森県〕大湊湾(おおみなとわん)


青森県北東部、下北(しもきた)半島の西岸、陸奥(むつ)湾の北東部に湾入した支湾。湾奥西岸の砂嘴(さし)に抱かれた小湾を占める旧海軍軍港の大湊港は、現在も海上自衛隊大湊地方総監部が置かれる重要な防衛拠点で、重要港湾に指定されている。1966~88年(昭和41~63)まで、日本最初の原子力船「むつ」の母港となり、さまざまな議論をよんだ。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

大湊湾
おおみなとわん

青森県北東部、下北半島の屈曲部にある湾。陸奥(むつ)湾の支湾。芦崎(あしざき)の砂嘴(さし)が南西から突出して湾の一部をくぎっている。大湊港は江戸時代には木材の積出し港として栄え、1905年(明治38)海軍要港部が置かれてからは軍港として発達、現在は海上自衛隊の基地となっている。1967年(昭和42)日本最初の原子力船「むつ」の母港となったが、1974年の放射線漏れの事故により、母港を返上した。湾の一部ではノリの養殖が行われ、冬期にはハクチョウも渡来する。[横山 弘]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大湊湾の関連キーワード上北下北丘陵下北半島国定公園下北むつ[市]青森県下北郡大間町青森県下北郡風間浦村青森県下北郡佐井村青森県下北郡東通村青森県上北郡横浜町

今日のキーワード

アレルギー

語源はギリシャ語。「変わった(変えられた)働き」です。関係しているのは、人間の免疫システム。免疫は本来、人の体を守る仕組みですが、ときに過剰反応し、不快な症状を引き起こすことがあります。それがアレルギ...

続きを読む

コトバンク for iPhone