コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

康煕字典 こうきじてんKang-xi zi-dian

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

康煕字典
こうきじてん
Kang-xi zi-dian

中国の字典。清の康煕帝の勅命により,陳廷敬,張玉書ら 30人の学者が,5年の歳月をかけて編纂した。康煕 55 (1716) 年成立。明代の『字彙』『正字通』などの構成に拠って,さらに内容を充実させたもの。 12支の順に 12集に分れ,214の部首を立て約4万 7000字を各部首に配属させて画数順に配列,各字について反切による発音,訓詁字解をつけ,俗字,通用字を示してあり,今日の漢字字典の体裁がここに定まったといえる。字解はほぼ妥当で,適切な古典の用例が引かれ,長く最良の字書として日本でも利用されてきた。道光7 (1827) 年,王引之が命を受け『字典考証』をつくり,2588条を訂正しており,日本でも渡辺温の『訂正康煕字典』がある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

康煕字典【こうきじてん】

中国の代表的字典。1716年清の張玉書〔1642-1711〕らが康煕帝の勅を奉じて編纂(へんさん)。《説文解字》《玉篇》を底本とし,諸書を校合,12集に分け,毎集を3子巻(上・中・下)に細分し,すべて119部。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

康煕字典
こうきじてん

中国、清(しん)代につくられた漢字の字書。42巻。康煕帝の勅命により、張玉書、陳廷敬ら30人が5年を費やして1716年に完成した。十二支の順に12集(おのおの上、中、下あり)に分け、4万7035の字数を収める。『説文解字(せつもんかいじ)』(漢、許愼撰(きょしんせん))、『玉篇(ぎょくへん)』(梁(りょう)、顧野王(こやおう)撰)、『唐韻(とういん)』(唐、孫(そんめん)撰)、『広韻(こういん)』(宋(そう)、陳彭年(ちんほうねん)ら奉勅撰)、『集韻』(宋、丁度(ていたく)ら奉勅撰)、『古今韻会挙要』(元、熊忠(ゆうちゅう)撰)、『洪武(こうぶ)正韻』(明(みん)、宋濂(そうれん)ら奉勅撰)など、歴代の代表的な字書を参照し、とくに『字彙(じい)』(明、梅膺祚(ばいようそ)撰)、『正字通』(明、張自烈撰)に基づく部分が多い。楷書(かいしょ)の部首画数順による配列法をとり、字音字義を示し、古典における用例をあげ、この種の字書としてはもっとも完備したものとされる。ただし、熟語は収録していない。道光(在位1821~50)期の重刊版では王引之(おういんし)が2588条の誤りを校訂しており、この校訂部分をまとめたものが『字典考証』である。日本における校訂としては、明治期に渡部温(おん)の『康煕字典考異正誤』がある。多くの刊本があるが、校訂を活用したものは少ない。1958年の中華書局縮印本、1905年(明治38)の吉川弘文館縮印本などが使用に便利である。[石橋崇雄]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

康煕字典の関連キーワード諸橋 轍次栄田 猛猪都賀庭鐘松平斉民栄田猛猪中国文学超漢字辞典

今日のキーワード

きらきらネーム

俗に、一般的・伝統的でない漢字の読み方や、人名には合わない単語を用いた、一風変わった名前のこと。名字についてはいわない。どきゅんネーム。[補説]名前に使用する漢字は、戸籍法により常用漢字・人名用漢字の...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android