コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

諸橋轍次 もろはしてつじ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

諸橋轍次
もろはしてつじ

[生]1883.6.4. 新潟,下田村
[没]1982.12.8. 東京
漢学者。号は止軒。奥畑米峰の静修義塾で漢学を学んだあと,1908年東京高等師範学校 (のちの東京文理大学,東京教育大学) 国語漢文科を卒業。 10年同研究科を卒業。卒論の『詩経研究』 (1912) は水準の高さから当時の学界を驚嘆させた。東京高等師範付属中学校教諭,東京高等師範学校教授,東京文理大教授を歴任。その間の 21~55年静嘉堂文庫長として漢籍の収集,整理に尽力。 60年都留文科大学初代学長。東宮職御用掛。教鞭をとるかたわら,親字数5万 354,熟語数 52万 6300という『大漢和辭典』 (55~60) 編纂の大事業を 30余年にわたって進めた。その間,第1巻刊行後,全巻の組版および関係資料一切を空襲によって焼失,加えて双眼を失うという苦難を乗越えてのことであった。この偉業によって 44年朝日文化賞を受賞,60年中華民国学術奨章を受章した。さらにその後 20年をかけて 82年『広漢和事典』全4巻を門弟と共著で完成させた。儒学者としての功績も大きく,29年の『儒学の目的と宗儒の活動』は名著として名高い。ほかに『諸橋轍次著作集』全 10巻 (75~77) もある。 65年文化勲章を受章。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

もろはし‐てつじ【諸橋轍次】

[1883~1982]漢学者。新潟の生まれ。東京文理科大教授・静嘉堂文庫長などを歴任。昭和2年(1927)から同35年にかけて「大漢和辞典」全13巻を完成した。文化勲章受章。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

諸橋轍次【もろはしてつじ】

漢学者。新潟県出身。東京高師卒。1927年東京文理大教授となる。その学問経学を中心に,哲学,文学,史学にわたる。《大漢和辞典》13巻を刊行。1965年文化勲章。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

諸橋轍次 もろはし-てつじ

1883-1982 大正-昭和時代の漢学者。
明治16年6月4日生まれ。東京文理大,大東文化学院の教授,都留(つる)文科大学長などを歴任。また静嘉堂文庫長,宮内省御用掛をつとめた。昭和のはじめから「大漢和辞典」の編集にあたり,昭和35年全13巻を完成させた。40年文化勲章。昭和57年12月8日死去。99歳。新潟県出身。東京高師卒。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

もろはしてつじ【諸橋轍次】

1883~1982) 漢学者。新潟県生まれ。号は止軒。東京高師卒。東京文理科大教授・静嘉堂文庫長。著「大漢和辞典」など。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

諸橋轍次
もろはしてつじ
(1883―1982)

漢学者。新潟県の生まれ。東京高等師範学校(後の東京教育大学)卒業。中国に留学後、母校教授や図書館長、静嘉堂(せいかどう)文庫長などを歴任した。著書は『詩経研究』『儒学の目的と宋儒(そうじゅ)の活動』『支那(しな)の家族制』など多数あるが、1927年(昭和2)から1960年(昭和35)にかけて完成した『大漢和辞典』(本巻12巻・索引1巻)は、その生涯をかけた大著である。同書は途中、1945年3月の東京大空襲で全資料を焼失したが、戦後に再起、総ページ数約1万5000、収録された親字4万9964字という、日本における漢和辞典のもっとも大規模なものである。第1巻が刊行された1943年の翌1944年に昭和18年度の朝日文化賞を受けた。1965年文化勲章を受章。[今井宇三郎]
『『諸橋轍次著作集』全10巻(1975~1977・大修館書店)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の諸橋轍次の言及

【大漢和辞典】より

…諸橋轍次(もろはしてつじ)(1883‐1982)の著になる代表的な漢和辞典。大修館書店発行。…

※「諸橋轍次」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

諸橋轍次の関連キーワード十干十二支(じっかんじゅうにし)新潟県三条市庭月漢学の里しただ諸橋 轍次鈴木 一平石井 茂吉昭和時代石井茂吉諸橋晋六鈴木一平松下 忠松下忠正名論演劇宋学書経

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

諸橋轍次の関連情報