コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

漢和辞典/漢和字典 カンワジテン

デジタル大辞泉の解説

かんわ‐じてん【漢和辞典/漢和字典】

漢字・漢語の読み方や意味を日本語で説明した辞典

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

漢和辞典【かんわじてん】

漢字・漢語の意味・読み等を日本語で解説した辞典。外国語辞典としてではなく,国語の中の漢字に関する事柄を解説するという態度が強い。注される読みも中国語音としてではなく,日本化した日本漢字音が付けられている。
→関連項目国語辞典(日本)辞典

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

漢和辞典
かんわじてん

漢字の音(おん)と訓(よみ)を示し、熟語を解釈した辞典。標目の漢字を親字といい、部首索引を基本とし、音訓索引、総画索引を付しているのが近代的索引の漢和辞典である。親字に、字音、日本訓(よみ)、名乗(なのり)、四声(しせい)、字形を解釈する。また、熟語、成句は解釈のほかに出典を示している。南朝梁(りょう)の顧野王(こやおう)編『玉篇(ぎょくへん)』(543)が日本に盛行し、空海編『篆隷万象名義(てんれいばんしょうめいぎ)』(830)以来、漢和辞典が次々に編纂(へんさん)された。近代的編著は1912年(大正1)浜野知三郎編『新訳漢和大字典』に始まった。[彌吉光長]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の漢和辞典/漢和字典の言及

【辞書】より

…また,(4)ローマ字から引くようにしたものは,対訳辞書ばかりでなく,国語辞書にもある。現代では一般に,漢字の字形から引くものを漢和辞典,仮名・ローマ字から日本語を引くものを国語辞典と呼んでいる。
[沿革]
 最も古く現れたのは,漢字を手がかりとして引く辞書で,これは輸入された中国の辞書を模倣することから始まり,また,そのさい音義(漢籍や仏書の注釈付要語集)や訓注(文中に語句の注釈を加えたもの)や,古訓点(漢文に付した古代の訓点)や先行の辞書などを参照することが多かった。…

※「漢和辞典/漢和字典」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

漢和辞典/漢和字典の関連キーワードコード文字入力方式国語辞典(日本)漢学の里しただ長沢 規矩也雅俗幼学新書長沢規矩也鈴木 敏夫類聚名義抄鈴木 一平大漢和辞典石井 茂吉谷口 廻瀾諸橋止軒鈴木一平毛利貞斎康熙字典之繞・辵新撰字鏡石井茂吉簡野道明

今日のキーワード

異常天候早期警戒情報

5日から 8日先を最初の日とする 7日間の平均気温がかなり高い,またはかなり低い確率が 30%以上と見込まれる場合に注意を呼びかけるため気象庁から発表される情報。低温や猛暑が長く続くと,人の活動や農作...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android