コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大矢尚斎(2代) おおや しょうさい

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

大矢尚斎(2代) おおや-しょうさい

1765-1826 江戸時代後期の医師。
明和2年3月11日生まれ。初代大矢尚斎の子。儒学を片山北海に,漢方を笹井楙庵にまなび,さらに橋本宗吉について蘭方をおさめる。寛政12年(1800)各務文献(かがみ-ぶんけん),伏屋素狄(ふせや-そてき)とともに女囚の死体を解剖した。文政9年10月5日死去。62歳。大坂出身。名は允。字(あざな)は執中。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

大矢尚斎(2代)の関連キーワードハウフバーラクザイ朝ハウフ田阪灞山中野碩翁コッチ窯アダムズ(Samuel Adams)賀茂真淵(かもまぶち)鈴木春信ニコライ(Friedrich Nicolai)

今日のキーワード

阪神園芸

阪神電気鉄道株式会社の子会社で、兵庫県西宮市に本社を置く造園会社。正式名称は「阪神園芸株式会社」。1968年に設立された。環境緑化工事の施工・維持管理、公園植栽などの管理、観葉植物のリースといった業務...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android